デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

| | コメント(0) | トラックバック(1)

リー・タマホリ監督、ドミニク・クーパー主演の
サダム・フセインの長男、ウダイ・フセインの影武者を描いた話題作、
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」を観てきた。

ストーリーは、
軍に勤務するラティフは、
ある日イラク大統領サダム・フセインの長男ウダイに呼び出され、
自分の影武者になれと命じられた。
家族の身の安全を考えると従うしかなかった。
暴力とセックスに明け暮れるウダイの狂気に翻弄される中、
ラティフはウダイの女性のひとりのサラブと心を通わせるようになる。
やがて湾岸戦争が勃発し、フセイン大統領はウダイに戦地へ赴くように命じるが、
実際に前線に行ったのはラティフだった・・・。

かなり期待して映画館に向かったので、
観終わった感想としては、ちょっと残念な結果になってしまいました。

物語は湾岸戦争直前に影武者になったラティフの目を通し、
イラクの内部でどのようなことが起きていたかが克明に描かれ、
独裁国家の恐ろしさ、危うさを理解することができました。

ただ、物語は全て実話をベースにしているようなのですが、
ウダイがあまりにも強烈なキャラクターなので、
物語を通して、ウダイのエキセントリックさは充分伝わってくれるけれど、
観終わった今となっては、他は何も残らなかったなという感じです。

所々に残虐的なシーンが出てくるけれど、
描写に現実味がなく(もちろん実話なのだけれどね)、
どちらかというと、こちらは実話ではなかったけれど、
同じく独裁者を描いた「ラストキング・オブ・スコットランド」の方が、
身の毛もよだつような残虐シーンがあったと思いますが、
これは内容のせいではなく、監督の魅せ方の違いなのでしょうね。

あと、細かいエピソードの多くが、
投げっ放しジャーマン的に、いきなり終ったことになっていたのにも驚かされました。

内容の感想とは別に、
ウダイとラティフの二役を演じたドミニク・クーパーの演技は見事でした。

特にウダイの狂気に満ちた演技を見ていると、
「このまま気が触れてしまうのでは?」と思える程の迫力でしたよ。

このドミニク・クーパーのイケメンで彫りの深い顔立ちは、
典型的な「平たい顔族」の自分には羨ましい限りです。

そして、サラブ役のリュディヴィーヌ・サニエが、
どーしても劣化したトリンドル玲奈に見えてしまい、
登場する度に現実に引き戻されてしまったのには困りました。

映画化に際し、とても映像にはできない残虐なシーンがあったようですが、
一度、この「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」の原作は読んでみたいと思います。

最後にパンフレットが物凄く素敵なんです。

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-のパンフレット

黄金のパンフレット、こんなの初めてです。

こんなに金色に輝いているのは、
「殿様のフェロモン」出演時のナイナイの岡村か、
プリンスの「ゴールド・エクスペリエンス」くらいだと思うので、
映画は観なくても、このパンフレットは買っておいて損はないかと思います。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1017

見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場... 続きを読む

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29