ペントハウス

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ベン・スティラーとエディ・マーフィーの共演で話題の
ブレット・ラトナー監督作の「ペントハウス」を観てきた。

ストーリーは、
ニューヨークのマンハッタンにそびえる65階建てのザ・タワーは、
セレブのみが住む超高級マンション。
その居住者の望みを満たすサービスを提供しているのが、
管理マネージャーのジョシュの的確な采配だった。
しかし、ある日、ペントハウスに住む大富豪ショウがFBIに逮捕される。
証券詐欺の罪を犯し、逃亡を図ろうとしたのだ。
しかもショウは自分が捕まることを薄々知りながら、
預かっていたザ・タワーの使用人全員の年金を私的流用していた。
ジョシュは仲間たちとダマし取られた大金を奪い返す決心をする。

「ペントハウス」という単語から最初に想像したのが、
アメリカのエロ本だったという、どうしようもない自分ですが、
この映画を一言で簡単に説明するとしたら、「劣化版オーシャンズ11」です。

ストーリーもキャストも本当に「オーシャンズ」シリーズを
小さくまとめたような感じでしたが、俳優さん達は頑張って演技していました。

ただ、物語に集中していても、久しぶりに見る俳優ばかりだったので、
「エディ・マーフィーを見たのはいつ以来だろうか?」
「マシュー・ブロデリックを見たのはいつ以来だろうか?」
「ティア・レオーニを見たのはいつ以来だろうか?」
といった事を考え続けてしまい、映画にあまり集中できなかったですね。

でも一番気になった事は、
この話にエディ・マーフィーの役が必要だったのかなという事です。

完全に続編があるような終わり方だったのが気になりますが、
ベン・スティラーは好きな俳優なので、
多分公開されるであろう「劣化版オーシャンズ12」を期待しています。

ペントハウスのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ペントハウス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1029

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29