ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵

| | コメント(0) | トラックバック(0)

三浦健太郎先生の大ヒット漫画「ベルセルク」の黄金時代編を映画化し、
2012年に3部作で描くプロジェクトの第1作目となる
ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」を観てきた。

ストーリーは、
孤独な剣士ガッツは、身の丈を超える巨大な長剣を自在に操り、
傭兵として各地を渡り歩いていた。
傭兵集団「鷹の団」のグリフィスはそんなガッツに目をつけ、
決闘でガッツを制して鷹の団に引き入れる。
幾多の激戦を潜り抜けるうちに、ガッツとグリフィスは固い絆で結ばれていくが・・・。

自分はどちらかというとライトな「ベルセルク」ファンなのですが、
この「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」は凄く楽しんで観れましたね。

以前、深夜にアニメをやっていた時は、
絵が好きではなかったので、あまり見なかったけれど、
今回の映画化に際してはCGを使っているという事もあってか、
驚くほど綺麗で驚かされましたし、特にグリフィスは本当に美しかったですよ。

物語の内容としては、やはり3部作で映画化という事で時間的制約があるようで、
テンポの良いダイジェスト版といった感じでしたが、結構良く出来ていて、
キャラクターの台詞も上手い具合に編集されていたのが印象的でした。

一番の見所はケンドーコバヤシのバズーソでしょうね。

物語もまだそれほど激しくない平和な展開でしたが、
90分の上映時間はあっという間に終ってしまい、続編の予告が流れ終了となりました。

今後の展開は重くなっていくのは承知していますが、
それでも、3部作全てを劇場で見届けてやろうと思っていますよ。

次作の「ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略」は6月23日公開。
今から楽しみです。

ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1032

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29