タイム

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督、
ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド主演の
SF映画の「タイム」を観てきた。

ストーリーは、
科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、
25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。
富裕層は寿命を気にしなくていい一方、
貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせく働き続けなければならなかった。
貧しい青年のウィルは、時間と引き換えに裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、
追われる身となってしまう。

アンドリュー・ニコル監督作のSF映画という事で、
「ガタカ」(これは本当にいい映画)と同じような素晴しい内容を期待していましたが、
とても残念な映画になっていました。

前にも何かの映画で書いたかもしれませんが、
自分は近未来物のSF映画って苦手なジャンルなんですよ。

個人的にSF映画には重要な点というのがあって、
それはその世界独自のルールの存在と、社会の描き方だと思っています。

「タイム」の世界の独自のルールは、
自分の寿命の残り時間が貨幣として使うという今までにない斬新なもの。

これが目玉だったけれども、
詰めが甘いというか、細部まで徹底できていないというか、
とにかくあまりにも設定が雑すぎてしまい、
かなりの矛盾点が露呈していたのが残念でしたね。

物語は格差が極限まで開いてしまい、
貧困層は都市部のスラムに住んでいる
(近未来ものの映画ってなぜか田舎が出てこないんですよね)というのも
良くある話のだったので、もうお腹いっぱいでした。

そして何より残念だったのが、
キリアン・マーフィーがどうしようもない役を演じていた事です。

キリアン・マーフィーが何故出演してしまったのかが、
この映画の一番の謎ですね。

主演の元アイドル、ジャスティン・ティンバーレイクはどうでもいいとして、
アマンダ・セイフライドの大きな眼と胸がこの映画の一番の見所でした。

日曜洋画劇場にピッタリな映画、それがこの「タイム」の感想です。

タイムのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タイム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1038

コメントする

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29