さいたまシティマラソン

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昨年10月末に走った「大阪マラソン」以来となる実戦に
「さいたまシティマラソン」を選び、走ってきました。

「さいたまシティマラソン」は、「さいたまスーパーアリーナ」をスタートし、
浦和の駒場競技場の脇を通り、産業道路に入り大宮に向かい、
そしてゴールの「さいたまスーパーアリーナ」に戻ってくるというハーフマラソン。

最近のなまった体の自分には持ってこいの大会となりました。

7時半過ぎに会場の「さいたまスーパーアリーナ」に到着。

アリーナ内の座席で着替えさせられましたが、
着替えながら見るアリーナの光景は、
「人がゴミのようだよ」といった感じでした。

その後、貴重品を預けたり、トイレに行ったりしながら、
自分のスタートブロックであるCブロックに到着しましたが、
過去に走った「東京マラソン」や「大阪マラソン」に比べると
何もかもがゆるい感じでしたね。

そして今日が東日本大震災から1年という事で、
参加者全員で1分間の黙祷を捧げた後の8時30分にスタートとなりました。

ハーフマラソンという事もあって、結構なめてかかっていたので、
練習もほとんどしないまま本番を迎えてしまい、
さらに気温も思ったよりも高く、あっという間にスタミナがなくなりましたね。

何よりもこの「さいたまシティマラソン」のコースのアップダウンがきつく、
何度も登場する上りに「勘弁してくれ」と、どんどん凹んでいきました。

10km付近で、自分の膀胱が限界を迎えてしまったので、
給水所脇にあったトイレに向かいましたが長蛇の列。

さらに進みも遅く、自分の前にいたオッサンがいらついたのか、
給料日のATMの行列でたまに見る光景のように、
「右から2番目のトイレ空いてる」とか
「女性は女性専用のトイレを使って」と、交通整理をする始末。

「このオッサン、死ねばいいのに」と思いながら列に並んでいましたが、
やはりここで予想以上に時間をロスしてしまい、
一緒に走っていた職場のEさん(@娘が可愛い)とはぐれてしまい、
結局、ゴール直前まで会えなかったです。

その後は一人旅になってしまい、
18kmくらいまではランナーズハイもあってか、かなり順調だったのですが、
ラスト3kmはきつかったですね。

「何でフルマラソンなんか走れたのだろう?」と思いながらゴールを目指し、
最後のアップダウンをどうにか乗り切り、「さいたまスーパーアリーナ」を目指します。

右前方の白いEさん(@娘は本当に可愛い)と一緒にゴールとなりました。

ゴールタイムは2時間30分をギリギリ切ったくらいでしたが、
それでもタイムリミットは2時間40分だったので、かなり危なかったです。

その後は案の定、足が痛くなりまともに歩けなくなりましたが、
失ったカロリーを補給しようと大宮の二郎に寄りましたが、
並びが20人以上だったので泣く泣く断念し、片足を引き摺りながら南銀を通り抜けました。

まあ、色々とあった「さいたまシティマラソン」ですが、
震災の1年後に「走れる」という幸せを感じさせてくれた大会になりました。

そして、今後もダイエットを目標にマラソンの練習を続け、
また次のマラソンシーズンの大会に向け、頑張っていきたいと思っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: さいたまシティマラソン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1042

コメントする

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31