マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

| | コメント(0) | トラックバック(0)

元英国首相、マーガレットサッチャーを演じ、
メリル・ストリープに3度目のアカデミー賞主演女優賞をもたらした
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観てきた。

ストーリーは、
1979年、父の教えである質素倹約を掲げる
保守党のマーガレット・サッチャーが女性初のイギリス首相となる。
「鉄の女」の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解決し、
フォークランド紛争に勝利し、国民から絶大なる支持を得ていた。
しかし、彼女には誰にも見せていない孤独な別の顔があった。

サッチャー元首相といっても、在任期間が自分が小学生の頃だったので、
ニュースで何度か名前を耳にした程度なので、
お恥ずかしい話ですが、あまり詳しくは知りませんでした。

そのため、映画ではサッチャーの半生が描かれているのかと思っていましたが、
政治家としてのターニングポイントや重大な決断をした際の裏側を
妻として、そして母としての苦悩を描いていくというストーリーの進み方だったので、
マーガレット・サッチャーに明るい人ならば、
「なるほど」と納得してストーリーを消化していけるのでしょうけれど、
自分のように無知な人間には、どっちつかずで
サッチャーという女性の公私両方ともに中途半端な感じの理解で終ってしまい、
少々、もったいない感じを受けながら映画が終了となりました。

それでもフォークランド紛争やユーロの是非の際の
緊迫したシーンには惹き付けられるものがありました。

そして、何よりもメリル・ストリープの演技は見事でしたね。

首相を退いてから、最愛の夫の死を長年に渡り受け入れらずに
少々ボケ気味のサッチャーを哀愁漂う姿で演じていたのには心が動かされました。

最後に夫の死を受け入れた後の表情の変化が
この映画の全てを物語っていたと思います。

もう少々、マーガレット・サッチャーについてと、英国の歴史を学んでから、
この「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見直したいと思っています。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1051

コメントする

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31