SoftBank 007Z

| | コメント(0) | トラックバック(0)

新しいiPad」がWi-Fiモデルのため、
外出先でネットに繋ぐにはモバイルルーターが必要なので、
急遽、「SoftBank 007Z」を購入してきました。

007Z

以前からモバイルルーターは欲しかったのですが、
どこの会社のものが良いのかいまいち分からなかったので、
今回はいい機会だと思い、ネットで自分なりに色々と調べた結果、
最も怪しい会社であるソフトバンクの「007Z」を選びました。

この「007Z」という端末の特徴は、
ウルトラマンが登場しているソフトバンクのCMでお馴染みの
下りが最大42Mbpsも出る「ULTRA SPEED」がメイン回線で使えるという事。

そして、「ULTRA SPEED」のエリア外では、
「E-mobile」の3Gの通信エリアがサブ回線として使え、
通信し放題で月額使用料が3880円という優れもの。

これだけを見ると夢のようなモバイルルーターだと思えますが、
そこはソフトバンク、ネットで色々と調べれば調べる程、
詐欺のような落とし穴がたくさんあるようでした。

まず、「ULTRA SPEED」がかなりの大問題で、通信エリアは狭い上、
夜間に通信規制が入り、「YouTube」などの動画が見られなくなり、
しかもBSの電波が干渉してしまうと通信不可能になるという糞仕様。

さらに悪い事に「ULTRA SPEED」が使えないので、
サブ回線の「E-mobile」に切り替えようとしても、
端末を操作しての切り替えが不可能なため、
「007z status」というアプリをiPadやiPhoneに入れ、
そこから操作しなければ使いものにならない素敵な端末なのです。

ではなぜ、この端末を選んだかを説明しますね。

はっきり言ってしまえば、「月額使用料が安い」という事です。

通常の契約ですと、月額使用料は3880円ですが、
この月額使用料の詳細を見てみると、
「月額使用料3880円+端末分割代金1400円-月々割り1400円=3880円」です。

これを端末を一括で購入する事で、
「月額使用料3880円-月々割り1400円=2480円」になります。

しかも、この「007Z」の端末が秋葉原で一括0円で販売されているので、
月々割が端末代ではなく、月額使用料にあてられるわけなのです。

これから使用してみて、本当に使い物にならなくなったら、
プランを定額の「データーし放題フラット」から「データーし放題」に変更すると、
こちらの月額最低使用料が1400円なので、
「月額使用料1400円-月々割り1400円=0円」となり、
2年間の契約期間、データ通信をしないで寝かしておけば、
月々の支払いがユニバーサル料の14円で済むんです(多分)。

ここまで自分で書いていても奇々怪々なのですが、
通信にかかるコストは他のものと比べればお安いという事です(多分)。

まあ、しばらく使用してみて、本当に糞なら糞と改めて報告します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SoftBank 007Z

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1053

コメントする

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30