ドライヴ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

監督のニコラス・ウィンディング・レフンが、
第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した話題作の
ライアン・ゴズリング主演の「ドライヴ」を観てきた。

ストーリーは、
天才的なドライブ・テクニックを武器に、昼はアクション映画のカースタント、
夜は強盗の逃走を請け負う運転手をしているドライバー。
ある晩、彼はアパートの同じ階に住むアイリーンという若妻と
偶然エレベーターに乗り合わせ、ひと目で恋に落ちる。
だが彼女には服役中の夫スタンダードがいた。
やがて服役から戻り更生を誓うスタンダードを見たアイリーンは、
ドライバーを思いながらも家族を守る選択をする・・・。

この「ドライヴ」はかなり期待をして観に行きましたが、
この期待を裏切らない、凄い映画でしたね。

とても静かな映画で、淡々と物語は進んでいきますが、
その静けさの中に、常に危うさと狂気が同居していたので、
最後まで緊張感を持ったまま映画を観続ける事ができました。

プロ級の腕を持つドライバーが、
母子に愛情を持ってしまったが故に、人間らしい感情を取り戻しつつも、
機械のような冷静で完璧な計画が狂っていく様は、観ていて切なさを感じたし、
完全に破滅へと向かっていっているのに、守るべきものを得た、
ドライバー本人の顔が充実していっていたのが印象的でした。

そして、不器用な男が懸命に走り続けていく展開の中、
ラストを観たいような、観たくないよう不思議な感覚を持ってしまいました。

「ドライヴ」というタイトルのなで、
トランスポーター」や「TAXi」の様な
現実離れをした運転シーンで逃走すると想像してしまいますが、
そんな事は一切なく、車を止めて追っ手をやり過ごしたり、
無線を傍受したりしての逃走はとても現実味がありました。

主人公のドライバーを演じたライアン・ゴズリングのほぼ無口で、
表情で全てを物語る演技は見事で、圧倒的な存在感を放っていましたね。

スーパー・チューズデー」での冒頭10分間のライアン・ゴズリングの台詞よりも
「ドライヴ」でのライアン・ゴズリングの台詞の方が少なかったと思いますが、
完全に「ドライヴ」のライアン・ゴズリングの方が良かったです。

劇中に流れる音楽がとても効果的で、物語を引き立てていました。

殺人シーンでは、これでもかと血が飛び出していたので、
「R15」に指定されるのは当然だと思わせてくる内容なので、
女性に勧めるのは難しいかと思いますが、
ここ最近では珍しい骨太なハードボイルドな「漢」が描かれている映画だったので、
男性には是非、観てもらい映画です。

本当に素晴しい映画でした。

ドライヴのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドライヴ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1065

コメントする

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30