裏切りのサーカス

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた
トーマス・アルフレッドソン監督作の「裏切りのサーカス」を観てきた。

ストーリーは、
東西冷戦下、英国諜報部「サーカス」のリーダーのコントロールは、
幹部の中にソ連の「もぐら」がいるという疑いを持ち、ある指令を出す。
しかし作戦は失敗し、コントロールは責任を取って右腕のスマイリーと共に組織を去った。
その後、引退したスマイリーのもとに組織内の裏切り者を捜せという極秘命令が下る。
スマイリーは秘かに、残った4人の幹部の中から「もぐら」を捜す。
しかし、それは自分の辛い過去とも向き合う事だった。

最近はスパイ映画というと、
「007」シリーズのジェームズ・ボンドや
「ボーン」シリーズのジェイソン・ボーンなどの
人間離れしたスパイが活躍するアクション映画が主流となっていましたが、
この「裏切りのサーカス」に登場する地味なスパイ達こそが、
本当のスパイの姿だと思いますし、
アクション映画でなくても、かなり見応えのある映画になっていました。

出演している俳優も、ゲイリー・オールドマンを始め、
ジョン・ハート、コリン・ファース、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロングと、
これでもかとイギリスの渋すぎる面々が並び、
かなり重厚な雰囲気を持つ映画に仕上がっていました。

ただね、ストーリーの展開が難しくて、
ずーっと集中して観ていたつもりだったけれど、
ラストを迎えても話がイマイチ繋がらなかったんだよね・・・。

物語の主軸はサーカスの中にいる「もぐら」を探すことだけど、
これは、主演のゲイリー・オールドマンと渡り合える俳優と考えると
一人しかいなかったし、まさに予想通りだったのですが、
それ以外の伏線がどうなってしまったのかが全く分からなかったです。

登場人物も多く、時間軸も現在と過去を行ったり来たりしていたので、
理解できないのは仕方がないのかもしれませんが、正直悔しいですね。

最初は「裏切りのサーカス」というタイトルはどうなのだろうかと思っていましたが、
原題が「TINKER TAILOR SOLDIER SPY」という、
少々韻を踏んでいる物語に登場する重要な暗号だったので、
どちらかというと「裏切りのサーカス」でよかったのだと思います。

とても難しい内容の映画でしたが、そんな中でも一番強く印象に残ったのが
マーク・ストロングが演じる役に毛があることでしたね。

しかし、物語の重要な局面で出てきた「男色」はどうなのかと思いましたよ。

これもスパイの実態を描いているのかもしれませんが、
この話の流れで「男色」をもってくるのかと、圧倒されてしまいました。

約2時間の映画では「裏切りのサーカス」の全てを理解できませんでしたが、
原作の「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を是非、読んでみたいと思っています。

裏切りのサーカスのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 裏切りのサーカス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1074

コメントする

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31