ダーク・シャドウ

ティム・バートンとジョニー・デップの二人が
またしてもタッグを組んだ「ダーク・シャドウ」を観てきた。

ストーリーは、
1752年、裕福なコリンズ家に生まれ育ったプレイボーイのバーバナスは、
魔女アンジェリークの手により不死のバンパイアにされ、生き埋めにされてしまう。
2世紀を経た1972年、ふとしたきっかけでバーバナスは自身の墓から解放されるが、
200年が過ぎたコリンズ家はすっかり落ちぶれ、
末裔たちは誰もが暗く不可解な秘密を抱えて生きていた。

監督のティム・バートンと主演のジョニー・デップの組み合わせは、
回数を重ね続け、どうやらこの「ダーク・シャドウ」で、8度目となるようです。

ティム・バートンとジョニー・デップの映画なので、
独特の世界観で、一癖も二癖もある映画で面白かったのですが、
逆の言い方をしてしまうと、「いつもの二人の映画と同じね」と、
たった一言で片付けられてしまう様な感じの映画でもありました。

安定してはいるけれど、もはや刺激はあまり受けないといった感じですね。

それでも吸血鬼を演じたジョニー・デップのコミカルであるけれど、
吸血鬼の冷酷さも持ち合わせた演技は彼にしかできないものだと思います。

ヒッピーと「愛」について語らいながら、その後、襲うシーンは最高でした。

出演してる女性陣が、ミシェル・ファイファー、エヴァ・グリーン、
クロエ・グレース・モレッツと物凄く豪華で、女の戦いも見応えがありました。

ミシェル・ファイファーなんて、いつ以来かと思い出せない程、
久しぶりにスクリーンで姿を観ましたが、
相変わらず「強い女」を演じていたのにホッとしましたし、
そしてまた、相変わらずの美しい容姿に、
ハリウッドのメイクの技術の凄さを思い知らされました。

魔女役のエヴァ・グリーンも今までにないビッチな役を難なく演じていたのに、
驚きましたし、彼女の新境地を開いた様な感じがしましたね。

そして、クロエちゃんも最近は映画に出過ぎじゃないかと心配になる程、
出演作が相次いで公開していますが、
この「ダーク・シャドウ」では、訳ありの今時の女の子を演じていて、
ジョニー・デップとの絡みはとても面白いものでした。

洋館に幽霊が出てくる設定は「ホーンティング」を思い出させてくれましたし、
最後のアンジェリークとの戦いでは「永遠に美しく・・・」を思い出させてくれる程、
「ダーク・シャドウ」は強烈な映画でした。

ラストの二人の愛の結末も、やはりティム・バートンといった感じでしたし、
途中退場したあの方の扱いも予想通りで、「ニヤッ」とさせてもらいました。

あとは、ビクトリア役のベラ・ヒースコートちゃんがとても可愛かったです。

最後にまた繰り返しになってしまいますが、
「凄く面白かった、でも、いつもと同じじゃん」という
贅沢な矛盾を孕んでしまう感想を抱えてしまいましたが、
今後もティム・バートンとジョニー・デップのコンビは、
このスタンスは変えないと思うので、こちらも素直に映画を楽しみたいと思います。

ダーク・シャドウのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ダーク・シャドウ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1089

コメントする

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30