スパゲッティーのパンチョ 新橋店

先月末に新橋のSL広場前のヤマダ電機とセブンイレブンの間の
ビルの地下2階にオープンした、「スパゲッティーのパンチョ」に行ってきました。

ビルの入り口の壁にデカデカと「地下2階へGO!」と書かれています。

スパゲッティーのパンチョ

ちなみにこのビルの地下1階には美味いけど高いで有名な
豚骨ラーメン屋の「一欄」が入っています。

階段を延々と下り、地下2階に辿り着き、
怪しい通路を突き当たりに行くと「スパゲッティーのパンチョ」に到着します。

スパゲッティーのパンチョ

入口にある小さい券売機で「ナポリタン」の食券(650円)を買い、
その場で店員さんに食券を渡し、口頭で「大盛り」と伝え、席に着きました。

ちなみに、この「スパゲッティーのパンチョ」は、
「小盛り」、「並盛り」、「大盛り」どれを選んでも同じ値段です。

新橋でのナポリタン人気が高いせいもあってなのか、
店内は正午前だというのにほぼ満席状態で、
配膳までかなり待たされる事になりました。

待っている間、物凄く狭い店内の隅々を眺めていたのですが、
四方八方に昭和を感じさせてくれるポスターが貼りまくられていて、
全く飽きる事はなかったです。

貼られていたポスターには、
たのきんトリオ」や「戦場のメリークリスマス」などがありましたが、
自分が一番気に入ったのは「代打教師 秋葉、真剣です!」のポスターでした。

「何で吉田栄作はこんな映画に出演したのだろうか?」とか、
「えっ、鷲尾いさ子がヒロインだったっけ?」という懐かしい思い出が蘇りましたが、
その思いを断ち切るようにナポリタンが配膳されました。

ナポリタン

右端のポテトサラダは、入口の看板の所に無造作に置かれていた
トッピング無料券を使用してゲットしました。

まず、最初の感想ですが、とても熱かったです。

スパゲッティの内側に熱がこもっていたのにやられました。

肝心の味の方はブラックペッパーが効いていて、
スパゲッティの麺も太めで、なかなか美味かったですよ。

ただ、麺は結構柔らかめだったかな。

「大盛り」の上のサイズに「スパゲッティ星人」とかいうメニューがあり、
スパゲッティーの総重量は2kgを超えるような感じだったので、
横綱系の人は是非、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

一点だけ気になったのが、万が一、このビルの1階の入口辺りから出火したら、
地下2階の「スパゲッティーのパンチョ」で食事をしている人は、
全員確実に助からないだろうなという事です
(多分、地下1階の「一欄」にも同じ事は言えると思いますが)。

自分が気が付かなかったのかもしれませんが、
非常口があるような感じはしませんでしたからね(あったらごめんなさい)。

ナポリタンを食べながら、
自分をこんな不安な気持ちにさせてくれた「スパゲッティーのパンチョ」。

なかなか侮れないと思います。

それにしても最近の新橋には、ナポリタンを提供する店が増えてきましたね。

ニュー新橋ビルの周辺だけを見ても
「スパゲッティーのパンチョ」、「スパゲッティキング」と、
むさしや」包囲網ができてきているのかもしれません。

まあ、それでも自分の中では「むさしや」の不動の一位は揺るぎません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スパゲッティーのパンチョ 新橋店

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1090

コメントする

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30