ミッドナイト・イン・パリ

オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、
エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニらの豪華俳優陣が出演した
ウッディ・アレン監督作の「ミッドナイト・イン・パリ」を観てきた。

ストーリーは、
映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。
脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、今は作家を目指して作品を執筆中。
そんなギルの前にイネズの男友達ポールが出現。
心中穏やかでないギルだが、真夜中のパリの町を歩いているうち、
1920年代にタイムトリップしてしまう。
そこはヘミングウェイ、ピカソ、ダリなど、憧れの芸術家たちが活躍する時代だった。

ウッディ・アレン監督の映画は、自分の住んでいる田舎ではあまり公開されないので、
マッチ・ポイント」と「それでも恋するバルセロナ」くらいしか観た事がなく、
ウッディ・アレンは女好きのお爺ちゃんという偏った印象しか持っていないけれど、
この「ミッドナイト・イン・パリ」はとても心地の良い映画で、
観終わった後には少し元気になれた映画でした。

物語も真夜中のパリの街角を散歩しているギルが迎えに来る車に乗ると
1920年代にタイムトリップするという荒唐無稽な設定なのですが、
これが不思議と違和感なくすんなりと受け入れられてしまい、
まるで舞台を観ているような感覚になり、どんどん物語にのめりこんでいきました。

1920年代では錚々たる顔ぶれの著名人が登場し、ギルに影響を与えますが、
その中でもヘミングウェイの奥さんのゼルダ役の女優さんがとても可愛く、
コケティッシュな魅力を振りまいていたのが強く印象に残っています。

そして、元フランス大統領婦人のカーラ・ブルーニも出演していましたが、
15年くらい前にWOWOWのスーパーモデル特集の番組で初めて見た時と変わらず、
知的さを兼ねた美しさはそのままでしたね。

1920年代の人々が1800年代に憧れているという現実をギルは目の当たりにし、
「現在って退屈なものなんだ、人生ってそういうものなんだ」と発した
ギルの言葉が凄く胸に響いたし、色々と考えさせられました。

この言葉を過去に自殺未遂をしているオーウェン・ウィルソンが言うのも
意地の悪い見方をすると、ある意味皮肉にもなっているのかな・・・。

この「ミッドナイト・イン・パリ」を観たお陰で、
ウッディ・アレンに対する考え方が良い意味で変わったので、
時間のある時にでも過去の作品を見てみようと思っています。

とても素晴らしい映画でした。

ミッドナイト・イン・パリのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ミッドナイト・イン・パリ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1093

コメントする

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30