SHAME -シェイム-

マイケル・ファスベンダー主演、キャリー・マリガン競演、
スティーブ・マックイーン監督の話題作の「SHAME -シェイム-」を観てきた。

ストーリーは、
ニューヨークでエリートサラリーマンとして働くブランドンは、
セックス依存症から抜け出せずにいた。
そんなブランドンのもとに、
恋愛依存症でリストカット癖のある妹シシーが転がり込んでくる。
互いに相容れない2人はともに生活することでますます孤独を深めていき、
事態は悪い方向へと転がっていく。

公開前から色々な映画サイトや映画雑誌で高評価を得ていたので、
かなり期待をして映画館に向かいましたが、
自分の予想を遥かに超えていた、逆の意味で凄い映画でしたね。

この映画を物凄く簡単に説明すると、
絶倫のイケメンの話です。

もう少し詳しく説明すると、
絶倫のイケメンの兄とイカレポンチな妹の話です。

マイケル・ファスベンダーが演じる主人公のブランドンのキャラクターが酷くて、
映画のほとんどは彼の性生活をただひたすら見させられるといった感じでした。

会社のPCのハードディスクにエロ動画やエロ画像がたんまりと入っていたり、
自宅ではエロライブチャットやコールガールを呼んで楽しんだりと、
もう、とにかくやりたい放題で性欲を満たし、歪んだ独身生活を謳歌しているけれど、
いきなり妹のシシーが転がり込んできたことにより、
ギリギリのバランスで保たれていた生活が崩れていくことになってからが大変でしたね。

妹のリリー役のキャリー・マリガンちゃんも
今までにないビッチなキャラを演じていたのが新鮮でした。

まあ、結局はこの兄妹は過去の出来事により、
兄はセックス依存症、妹は恋愛依存症になってしまったようなのだけど、
物語の中では過去は一切語られないので、なぜこうなのかは分からないまま。

要するに兄妹が現状から抜け出したい、変わりたいともがいている姿を通して、
人は何かしら問題を抱えていて、皆そこから抜け出したいけれど難しいものなんだと、
監督は訴えたかったのでは?と、自分のない頭を使って考えてみましたが、
いかがでしょうか。

ラストシーンで、ブランドンは変わる事ができたのか、できないのかと、
分からないままでの終わるタイミングが絶妙で、色々と考えさせられますが、
自分的には変われないままであって欲しいと思っています。

だって、人はそんなに簡単に変わることはできないから・・・。

それにしても、ブランドンの性欲に対する一途な強い気持ちは凄かったですね。

自分も見習いたいものです(性欲以外で)。

SHAME -シェイム-のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SHAME -シェイム-

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1083

コメントする

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30