別冊図書館戦争Ⅰ

6月に「図書館戦争」の映画が公開されたので、
読んだのを忘れていた「別冊図書館戦争Ⅰ」をアップします。

ストーリーは、
晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。
しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。
あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く!?

帯にデカデカと
「恋愛成分が苦手な方は、十分に体調を整えてお読み下さい」
と丁寧に書かれていたのですが、
予想以上に物凄く「甘〜い」内容で、ページをめくるスピードがまったく上がらず、
読破するのにかなり時間を要しましたね。

それでも本編では詳しく語られていなかった
図書館革命」のラストから郁と堂上が結ばれる過程が描かれているので、
一応最後まで読みましたが、とにかく読むのが辛かったですね。

ちなみにタイトルに「別冊」と付いている理由は、
「別冊マーガレット」とかを意識しているようで、
何でも「別冊マーガレット」などの少女雑誌は「別冊」になると、
普段よりもさらに「甘〜い」話になるので、
この「別冊図書館戦争Ⅰ」もそれに倣ったと有川先生は説明していました。

まあ、恋愛話以外にも多少は「図書館戦争」の世界観を補う話が出てくるけれど、
それでも読み終わった印象は「甘〜い」しか残らなかったな・・・。

要するに、オッサンが読むのには注意が必要ということです。

別冊図書館戦争Ⅰ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 別冊図書館戦争Ⅰ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1100

コメントする

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31