崖っぷちの男

サム・ワーシントン主演の「崖っぷちの男」を観てきた。

ストーリーは、
30億円のダイヤモンドを強奪した罪で収監された元刑事のニックが脱獄。
ニューヨーク・ルーズベルトホテル高層階から身を乗り出し飛び降りようとする。
制止しようと説得する警察に対しニックは、
最近の任務に失敗して後がない女性刑事リディアを唯一の交渉役として指名するが・・・。

サム・ワーシントンは「アバター」や「タイタンの戦い」などの
超大作にしか出演していないイメージがあったので、
今回の「崖っぷちの男」のようなサスペンスに出演するのは意外でした。

予告編を観た限りでは、「ニック・オブ・タイム」や
フォーン・ブース」のようなシリアスな感じの映画で、
息をつかせないテンポで物語が進んでいくと思いましたが、
ニックの飛び降りと平行して展開して進んでいく弟の話に緊張感がなく、
何ともダラけた展開になってしまっていたのが残念でした。

せっかく敵役にエド・ハリスを使っているのに、
全く活かしきれていないのも、もったいなかったですね。

まあこの「崖っぷちの男」、
テレビで鑑賞するのがちょうどいいかもしれません。

映画を観るのが面倒な人には、「崖っぷちの男」の特集ページに、
「崖っぷち」といえばこの人、みうらじゅん氏のインタビューがありますので、
この、みうらじゅん氏のインタビューを読めば、
映画の大体の内容と雰囲気は分かると思いますので、お勧めです。

崖っぷちの男のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 崖っぷちの男

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1107

コメントする

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31