ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-

今シーズンから香川真司が移籍したイングランドの名門クラブ、
マンチェスター・ユナイテッドの有名すぎる悲劇を題材にした
ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」を観てきた。

ストーリーは
1958年2月6日、欧州クラブ選手権のチャンピオンズカップで
準々決勝に進んだマンチェスター・ユナイテッドは、
敵地での試合を終え、チャーター機で帰路につく。
しかし、給油のために立ち寄ったミュンヘンの空港で飛行機が事故を起こし、
乗客乗員44人のうち23人が死亡。多くの主力選手の命が失われた。
コーチを務めていたジミー・マーフィは、重傷を負った監督に変わって指揮を執り、
事故を生き延びたボビー・チャールトンを中心にチーム再建に向けて立ち上がる。

自分もサッカーが好きな方なので、マンチェスター・ユナイテッドを襲った悲劇と、
その後、ボビー・チャールトンを中心に栄光を掴んだ話は、
何度か記事を目にしたこともあって、知ってはいたんですよ。

それでも事件の経緯の詳細は知らなかったので、
この「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」の公開がいい機会だろうと思い、
映画を観に行ったのですが、かなり期待を裏切られました。

登場人物の紹介等がほとんどなく、あっても名前程度、
さらにサッカーの試合のシーンが全く描かれていないので、
物語が進んでも誰が誰だか全く分からなく、登場人物に全く感情移入できなかったです。

映画を観る前提として、
当時のマンチェスター・ユナイテッドの主な選手名はもちろんのこと、
イングランドサッカーの置かれた状況というのも理解していないと、
この映画を理解するのは難しいと思います。

自分もかろうじで、ボビー・チャールトンを知っているくらいでしたからね。

この「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」を観ることにより、
ミュンヘンの悲劇の裏側で起きていた出来事や、
どのようにマンチェスター・ユナイテッドが復活していったのかを知りたかったけれど、
どちらも「ざっくり」と描かれていて、映画自体もどこをピークに持ってきているのか、
さらに言うと何を伝えたかったのか全く分からないまま映画が終わりました。

もちろんイギリス人向けに撮られたイギリス映画なので、
物語の細部の説明というのはいらないのかと思いますが、
世界でも有名なビッククラブを題材にした映画なので、
もう少し時間をかけて、丁寧に撮っても良かったのではないかと
映画を観終わった後は残念な気分になってしまいましたね。

ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1119

コメントする

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31