ダークナイト ライジング

クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル主演の
ダークナイト」シリーズ三作目として完結編となる、
ダークナイト ライジング」を観てきた。

ストーリーは、
ジョーカーとの戦いから8年、
バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、
ブルース・ウェインは隠遁生活を送っていた。
そんな彼の家にセリーナ・カイルという女性が忍び込み、彼の指紋を盗み出す。
彼女に盗みを依頼した組織が何か大きな計画を立てていると気付いたブルースは、
再びバットマンのコスチュームに袖を通す。
その頃、不気味なマスクをつけたベインという男が、
ゴッサム・シティーの地下で大規模テロを計画していた・・・。

前二作の「バットマン ビギンズ」、「ダークナイト」ともに最高の映画だったので、
今回の「ダークナイト ライジング」もかなり期待をして映画館に行きましたが、
期待を裏切らない、見応えのある映画になっていました。

ただ、三部作の完結編ということで、
当然ですが、ラーズ・アル・グールやハービー・デントの名前が普通に出てくるので、
全二作の「バットマン ビギンズ」、「ダークナイト」を観ておかないと、
なかなか物語に入っていくのは難しいと思います。

キャストもキャットウーマン役でアン・ハサウェイが登場し、
さらにクリストファー・ノーラン監督作の「インセプション」から、
マリオン・コティヤールとジョセフ・ゴードン=レヴィットも出演し、
脇を固め、さらに物語を引き締めていました。

「ダークナイト ライジング」の敵役のベインですが、
やはり「ダークナイト」で圧倒的な存在感を放っていたジョーカーと比べてしまうと、
最後の扱いといい、少しキャラクターが弱かったかなと思います。

逆にキャットウーマンは、それほどぶっ飛んだ感じではなく、
現実的な感じのキャラクターだったので、とてもいい感じでしたね。

「ダークナイト」シリーズの完結編ということで、
どのように物語を終わらせるのかが気になっていましたが、
話を完結させるため、今までの伏線に対して答えを出さなければならないためか、
若干、核の扱いと処理方法は「どこかで見たことあるな」という感じでしたが、
ここには目を瞑りたいと思います(笑)。

物語のラストで、アルフレッドの夢が実現するシーンと、
ジョン・ブレイクが本名を名乗るシーンが平行して進む展開には、
背筋がゾクゾクする程、興奮しましたし、これなら完結とは言わないで、
続編を撮って欲しいと願わずにはいられなくなりましたよ。

2005年に公開された「バットマン ビギンズ」から「ダークナイト」を経て、
完結編となる「ダークナイト ライジング」まで7年以上かけ、
一貫して物語の世界観を変えずにバットマンを描き切った、
監督のクリストファー・ノーランには拍手を送りたいと思います。

そして、次は監督ではなく製作として関わる、
ザック・スナイダー監督作の「マン・オブ・スティール」で
久しぶりに復活するスーパーマンにも期待をしています。

ダークナイト ライジングのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ダークナイト ライジング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1120

コメントする

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31