苦役列車

西村賢太の芥川賞受賞作の「苦役列車」を
森山未來主演で映画化した、ある意味話題作の「苦役列車」を観てきた。

ストーリーは、
1986年、19歳の貫多は日雇いの仕事をしながら、安アパートに暮らしていた。
働いた金は酒と風俗で使い果たす。唯一の楽しみは、本を読む事だった。
ある日、アルバイト先で専門学校生の正二という青年と知り合う。
年が同じと分かり気心が知れ、貫多は生まれて初めて友達と飲み歩く楽しさを知る。
正二の橋渡しで、古本屋でバイトする大学生、康子とも「友達」になれた。
有頂天になった貫多は、正二と康子相手に暴走する。

この映画、凄かったです。

何が凄いって、原作で描かれている
救いようのない「絶望感」、「孤独感」、「虚無感」をほとんど描かず、
逆に原作には全く描かれていない、
「希望」、「青春」といった貫太には無縁のものが全面に押し出されていて、
ただの青春映画に成り代わっていたのが信じられなかったですね。

主演の森山未來は体を張った演技で貫太を演じていて素晴らしく、
高良健吾も正二そのものといった感じでしたが、前田敦子は・・・。

映画版で結果として貫太に「希望」を与えてしまうことになる、
髙橋を演じたマキタスポーツの演技、存在感、歌は素晴らしかったのですが、
やはり原作とはかけ離れた展開になってしまいましたから微妙なところです。

いや、個人的にはマキタスポーツは好きなので、嬉しかったんですよ。

でも、あの件は原作の「苦役列車」とはかけ離れているんですよね。

こう考えてみると役者の頑張りを含めて、
普通の青春映画としてみれば、いい映画だったのかもしれませんが、
やっぱりこの映画は「苦役列車」ではなかったですね。

原作を読んでいない人であれば楽しめると思いますが、
原作を読んでいる人にはお勧めできない映画でした。

こんな映画にしてしまったバカ監督なので、
もしかしたら「苦役列車2」とは平気な顔して創りそうですが、
「苦役列車」が興行的にヒットしなかったので、その心配はなさそうです。

苦役列車のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 苦役列車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1123

コメントする

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31