プロメテウス

リドリー・スコット監督、ノオミ・ラパス主演の
この夏の話題作「プロメテウス」を3Dで観てきた。

ストーリーは、
「人類はどこから来たのか?」
人類が長年にわたり追い続ける、人類史上もっとも深遠でかつ根源的な謎。
地球上の古代遺跡からその答えを導き出す重大なヒントを発見した科学者チームは、
2089年に宇宙船プロメテウス号に乗り込んである惑星へと向かう。
2093年、惑星にたどり着いた彼らは、
人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにする事に。
人類誕生の真実を知ろうと調査に没頭する中、思いもよらない事態が起きる。

この「プロメテウス」、8月24日公開のはずなのに、
なぜか8月上旬から何度も先行上映をするという公開方法を取っているけれど、
この先行上映の周知が徹底されていないためか、
全く客がいないという残念な状態になっていました。

そもそも「プロメテウス」が製作されるというニュースを目にした時は、
エイリアン」の前日譚にあたるストーリーという事で、かなり盛り上がったけれど、
少ししたら、「エイリアン」と同じ世界の話という風にトーンダウンし、
さらに予告編が公開された時には「人類の起源は何なのか?」的なものがメインになり、
「エイリアン」に全く触れられていないので、かなり不安になってしまい、
この部分を確かめる意味も込めて「プロメテウス」を楽しみにしていたんですよね。

で、映画を観終わった感想としては、
予告編にあった「遺跡から人類の起源が見つかった」という箇所に惹かれ、
「プロメテウス」を観に行った人は、「アイ・アム・レジェンド」が予告編と違い、
ゾンビ映画だったのと同じくらいの衝撃を受けてしまうと思いますね。

逆に言うと、「エイリアン」を見続けている人にとっては、
間違いなく楽しめる映画だと思います。

主演のノオミ・ラパスもリプリーを彷彿とさせる強い女性役を
ドラゴンタトゥーの女」のリスベット役で一気にスターダムに昇った勢いを
そのままに演じていました。

マイケル・ファスベンダーも謎めいたアンドロイドを
血の通っていない表情で演じ、物語のキーとなっていました。

やっぱり、マイケル・ファスベンダーは良い役者ですね。
今後も楽しみです。

そしてガイ・ピアース。
どこに出ているのかと思って観ていたら、まさかのお爺ちゃんメイクで登場。

ガイ・ピアースの登場シーンだけはコントにみえてしまい、
ちょっと頂けなかったですね。

あとシャーリーズ・セロンの出演していましたが、ここはノーコメントです。

とまあ、渋い面子が並んでいて、物語を締めていました。

ただ、ストーリーには首を傾げる箇所が何点かありましたし、
「人類の起源」についても自分は全く理解できませんでしたが、
そんな事は、ラストのあのシーンが観られれば、どうでもいい事なんですよ。

あと、3Dで観ましたが、珍しく違和感なく観る事ができました。

かなり賛否両論ある映画だと思いますが、自分的には大満足の映画でした。

ただ、初めてのデートには絶対に観に行かない方がいい映画だと思います。

プロメテウスのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プロメテウス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1127

コメントする

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31