エクストラコールドBAR TOKYO

銀座に9月末まで期間限定でオープンしている
「スーパードライ エクストラコールド」専門店の「エクストラコールドBAR TOKYO」に
仕事帰りに行き、エクストラコールドを堪能してきました。

エクストラコールドBAR TOKYO

2年前から夏になると銀座一丁目にオープンしているお店だったので、
毎年気になっていたのですが、いつも店の前に長い行列ができているので、
気軽に寄れる店ではなかったので敬遠していましたが、
9月に入り多少涼しくなったこともあり、空いているだろうと考え店に行きましたが、
この考えは甘く、1時間くらい待ってからの入店となりました。

ちなみに去年はこの「エクストラコールドBAR TOKYO」の前で、
サッカー日本代表監督のザッケローニとすれ違いました。

店内は立ち飲み形式で、カウンター席と小さなテーブル席があり、
これでもかと客が詰め込まれているので、移動するのも一苦労となっていました。

「エクストラコールドBAR」なので、
注文できるビールはもちろん「スーパードライ エクストラコールド」のみ。

こちらのサーバーから「スーパードライ エクストラコールド」が注がれます。

スーパードライ エクストラコールドのサーバー

そして、こちらのサーバーからは
「スーパードライ エクストラコールドブラック」が注がれるのですが、
エクストラコールドにブラックがあるとは知らなかったので、嬉しい驚きでした。

スーパードライ エクストラコールドブラックのサーバー

この「エクストラコールドBAR TOKYO」の最大の特徴が、
自分で「スーパードライ エクストラコールド」を注ぐ体験ができるので、
もちろん、自分も挑戦しました。

順番が回ってくるまで、注ぎ方の注意事項を読んで待ちます。

注ぎ方の注意事項

多少、緊張をしましたが、店員さんの助けもあり、
無事に「スーパードライ エクストラコールド」を注ぐことに成功。

こちらが自分で注いだエクストラコールドです。

自分で注いだエクストラコールド

泡が少ないのは、注ぎきった時に記念にその場で一口飲まされたからです。

自分でエクストラコールドを注ぎきった記念に、
「エクストラコールドマイスター」の称号と共に、カードをもらえました。

エクストラコールドマイスターカード

こんな感じで「エクストラコールドBAR TOKYO」を堪能したのですが、
実は直前に「ジャポネ」で腹一杯スパゲッティを食べてしまい、
自分でも驚く程、ビールもつまみも腹に入っていかなかったんでよね。

そのせいもあり、ビールもつまみもほとんど注文しない、
物凄く客単価の低い客になってしまったのは間違いなかったと思います。

今年は「一番搾り FROZEN GARDEN 東京」に行って、
「一番搾りフローズン生」も堪能してきましたが、店のコンセプト、味で比べると
「一番搾り FROZEN GARDEN 東京」の方が良かったですね。

それでも9月末までの期間限定の店なので、
行ける機会がある人は行ってみた方がよいと思います。

ただ、その際は「ジャポネ」に寄らないで直接行った方がいいですよ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エクストラコールドBAR TOKYO

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1143

コメントする

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30