推理作家ポー 最期の5日間

ジョン・キューザックがエドガー・アラン・ポーに扮した、
ジェイムズ・マクティーグ監督の「推理作家ポー 最期の5日間」を観てきた。

ストーリーは、
1849年、アメリカのボルティモアで猟奇的な殺人事件が起こる。
現場に駆けつけたエメット刑事は、
この事件が作家エドガー・アラン・ポーの小説に酷似していることに気づく。
警察は、酒びたりで荒んだ生活を送るポーを有力な容疑者として捜査を進めるが、
ポーの作品を模した第2、第3の殺人が発生。
著作を汚されたポー自身も捜査に乗り出すが・・・。

先日読んだ「ヴァンパイアハンター・リンカーン」の中に
エドガー・アラン・ポーが登場し、かなり気になるキャラクターだったことと、
久しぶりにジョン・キューザックの姿が拝めるということで、
結構楽しみにしていたのですが、「う〜ん」という感じでしたね。

独特の世界観を持った映画で、
殺人シーンはかなりグロテスクな描写で目を背けたくなる程でしたが、
肝心の推理の部分が「?」という箇所が多く、雑に感じました。

エドガー・アラン・ポーが書いた小説の中の殺人が多数登場したけれど、
この殺人についての説明がほとんどなく、
エドガー・アラン・ポーの小説に明るくない自分には
何がなんだか分からないまま推理がどんどん進んで行ってしまったので、
途中からは完全に理解不能になりました。

この映画の流れでいくと、
ラストの犯人との決着の仕方には不満が残りますが、まあどうでもいいですかね。

それでも久しぶりにジョン・キューザックの勇姿を観られたのは嬉しかったですし、
これだけでも「推理作家ポー 最期の5日間」を観た価値はあったと思います。

推理作家ポー 最期の5日間のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 推理作家ポー 最期の5日間

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1167

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31