我流風 豚屋

秋葉原にある鹿児島ラーメンの「我流風」が、
今日、「我流風 豚屋」としてリニューアルオープンしたので、早速行ってきました。

以前はヨドバシアキバの裏の昭和通りを越えた辺りにありましたが、
新しい店舗は昭和通りを渡らずに、まさにヨドバシアキバの裏にありました。

我流風 豚屋

ただ、店が入っているビルが居酒屋ビルのようで、
ビルの入口には呼び込みが何人もいて営業妨害甚だしい感じで、
多分、普通の人は絶対に来ないであろう残念な感じでしたね。

呼び込みを掻き分け店内に入り、
「我流風 豚屋」の名物であろう「進化系豚野郎」の大盛りであるビックを注文。

今まで人に向かって「豚野郎」と言ったことがなかったので、
ほんの少し緊張しましたが、注文し終わった時には少し大人になれた気がしました。

およそ10分でのご対麺となりましたが、
まあ、「進化系豚野郎」が目に入ってきた瞬間に後悔すると共に、
「僕はなんて弱い人間なんや」と、
今までのダイエットの努力が走馬灯のように頭の中を流れていきましたね。

進化系豚野郎

器はかなり深いので、見た目より量があります。

進化系豚野郎

で、味の方は鹿児島ラーメンがベースなので、
スープを一口飲むと、マー油っぽい味が口の中に広がりましたが、
その後は豚・豚・豚の迫力にやられてしまい、あまり味を覚えていないですが、
美味かったことは間違いないです。

しかし人間、こんなラーメンを食べていると絶対に駄目になると思いますよ。

ですので、「進化系豚野郎」を食べる時はビックではなく、
レギュラーサイズを注文する事をお勧めします。

食べ終わった後から腹がパンパンになってしまったので、
速攻で黒烏龍茶を購入し、一気に飲み干しました。

黒烏龍茶、美味しいですよね。

自分、一部の人にヘルシアが好きだと誤解されていますが、
そんなことはなく、むしろヘルシアの味は嫌いで、
実は黒烏龍茶の方が体に良さそうだし、好きなんですよ。

しかし、この「進化系豚野郎」は黒烏龍茶では脂肪を吸収しきれていないようで、
今でも腹がパンパンで、気持ち悪さは持続しています。

次回はおとなしく、つけ麺を注文してみようと思っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 我流風 豚屋

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1151

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31