アウトレイジ ビヨンド

北野武監督、ビートたけし主演の「アウトレイジ」のまさかの続編公開となった
アウトレイジ ビヨンド」と観てきた。

ストーリーは、
関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。
関東の頂点を極め、政治の世界に進出するなど過剰に勢力拡大を進める山王会に対し、
組織の壊滅を図る警察が動き始める。
関西の雄ともいえる花菱会に目をつけた警察は、
表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団組織を対立させようと陰謀を企てる。
そんな中、以前の抗争中に獄中死したはずの大友が生きていたという事実が持ち出され、
突然出所を告げられる。

公開前から暴力描写について色々と騒がれていましたが、
実際に「アウトレイジ ビヨンド」を観た感想としては、
アウトレイジ」に比べると暴力描写はかなりコミカルになった印象を受けました。

興行収入を意識した作りになってしまったのか、
完全に娯楽作品になっていたので、意外と楽しんで観ることができました。

「アウトレイジ ビヨンド」で一番楽しみしていたのが、
三浦友和演じる加藤と加瀬亮演じる石原がどういう仕打ちを受けるかということ。

二人ともツケを払わされていましたが、石原の結末が個人的には気に入りました。

中野英雄が前作のキレキャラとは違い、落ち着いた演技で、
いい感じに物語を引き締めていて、チョロのイメージは全く感じさせなかったです。

新しく登場したキャラクターの中では、一切台詞のなかった高橋克典と、
チンピラ役の新井浩文がいい味を出していたのが印象に残っています。

それにしても次から次へと登場人物があっさりと死んでいく映画でしたね。

物語の中で少し気になったのが、
たけしを援助するコリアンマフィアの親分の人が完全に本物に見えてしまいましたが、
あれはどうなのでしょうか。

終わり方が完全にパート3がありそうな感じだったので、
近いうちに製作が発表されるのでしょうね。

できれば、その際には「アウトレイジ」で死んでしまった
椎名桔平を生き返らせて欲しいものです。

アウトレイジビヨンドのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アウトレイジ ビヨンド

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1162

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31