味覚

美味い麻婆豆腐を食べたいと思い色々と検索をしていたら引っかかった、
西新橋にある中華料理屋の「味覚」に行ってきました。

味覚

場所は「鳥助」の隣の建物の地下にあります。

この「味覚」の一番の売りは「頂点石焼麻婆豆腐」という
普通なら石焼ビビンバが入っていそうな器に麻婆豆腐が入っているというもの。

石焼というのが珍しいことと、普通に美味そうだったので早速行ってみましたが、
この「頂点石焼麻婆豆腐」、とてつもなかったです。

店内はあまり広くなく、中華料理屋によくある座り心地の悪い固い椅子でしたが、
昼時の店内は多くの客で賑わっていました。

席に着き当然の如く名物の「頂点石焼麻婆豆腐」すると、
おばちゃんに「辛さは?」と聞かれたので、「中辛」と答えてしまったんですよね。

この答えによって10分後に地獄を見ることとなりました。

「頂点石焼麻婆豆腐」が配膳されましたが、何か紙が載っています。

頂点石焼麻婆豆腐

一瞬、「えっ」と思いましたが、麻婆豆腐が煮えたぎっているので、
この紙をしばらくかけておかないと四方八方に麻婆豆腐が飛び散ることとなります。

頂点石焼麻婆豆腐

落ち着いた頃に紙を外しましたが、
今度は麻婆豆腐に大量にかかっている辣油が湯気に乗り、眼を襲撃してきました。

頂点石焼麻婆豆腐

ボキャブラティが少ない自分がこの麻婆豆腐を例えてみますと、
「地獄ってこんな感じなんだろうな」と、情けない感想しか出てきませんでした。

この時点で、辛さの調節は辣油でしていると理解したのですが、
既に「中辛」を頼んでしまっていたので、時既に遅しでしたね。

意を決して食べ始めると、とても熱くて、物凄く辛くいけれど、目茶苦茶美味い。

この辛美味さのお陰でご飯が嫌でも進んでしまうので、
配分を気をつけて食べないと最後に麻婆豆腐が大量に残ることとなります。

基本的に辛さは辣油の量で調整しているので、
注文時に「辛さ控えめ」とか言うと、本当かどうか分かりませんが、
おばちゃんが厨房に中国語で何か言うので、多分対応してくれているのだと思います。

「頂点石焼麻婆豆腐」以外にもマーラー麺とか、
とにかく辛そうなものがメニューの大半を占めていましたが、
それも恐いもの見たさで気になってしまっていますし、美味いと思います。

夜に飲みに行ったら、つまみは麻婆豆腐だけでビールが飲めると思うので、
かなり割安に飲むことも可能だと思いますよ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 味覚

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1163

コメントする

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31