アルゴ

ベン・アフレックが監督、主演を務めた、
イラン革命時に実際に起きたアメリカ大使館占拠事件からの
人質救出作戦を題材にした「アルゴ」を観てきた。

ストーリーは、
1979年11月4日。
イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。
52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で大使館から脱出し、
カナダ大使の自宅に身を潜める。
CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、
6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。
「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、
6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

ベン・アフレック、「グット・ウィル・ハンティング」以降は、
盟友マット・デイモンにかなり差をつけられた印象があり、
あまりベン・アフレック主演作に好きな映画はなかったのですが、
前作の自ら監督、主演した「ザ・タウン」から、がらっと印象が変わり、
今回の「アルゴ」も凄く良い映画でした。

繰り返しになりますが、「デアデビル」の頃のベン・アフレックからは、
こんな素晴らしい映画を撮るなんて事は全く予想はできませんでしたね。

肝心の映画の内容は、実際に起きた脱出劇を描いているので緊迫感があるけれど、
「映画製作」を脱出作戦としているので、どこか現実離れした内容に見えてしまい、
物語が進んでいる間中、常にドキドキしている中にも、
なぜか一歩引いて冷静に体の力を抜いて映画を観ている自分もいて、
本当に不思議な気分にさせられた映画でした。

こんな気分にさせられたのも、
主人公のトニーを演じるベン・アフレックの悟りを開いたかのような穏やかな演技と、
冒頭のアメリカ大使館が襲撃される様子から
映画に登場する俳優が実際に脱出させた人物とそっくりな所まで、
当時の時代背景、事件の細部にまで忠実に映画を撮りきった、
監督のベン・アフレックの演出の上手さのお陰だと思います。

脇を固める俳優陣も皆、渋いながらも落ち着いた演技で物語を引き締めていましたが、
プロデューサー役のアラン・アーキーの演技が序盤の緊張感のある展開の中に
緩い空気を送り込んでいたのは見事でしたし、流石でした。

それにしても「最後の猿の惑星」を見て、
この「アルゴ」という映画を使った脱出作戦を考えるなんて、
「本当かよ」と思ってしまいましたが、
実際にこういう柔軟な発想ができる人の方が、こういう時には役立つのだろうなと
元内閣安全保障室長の佐々淳行氏を思い出しながら、そう感じました。

映画を観終わった今となっては、
ラストキング・オブ・スコットランド」に内容が似ていると思いますが、
脱出の際に難題や関門を突破するタイミングが危機一髪になっているのは、
映画向けに演出されているのだろうけれど、
それを差し引いても素晴らしい映画だったと思います。

アルゴのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アルゴ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1172

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30