黄金を抱いて翔べ

高村薫の原作を井筒和幸監督がメガホンを取り、
妻夫木聡、浅野忠信ら豪華俳優で映画化した「黄金を抱いて翔べ」を観てきた。

ストーリーは、
幸田は大学時代の友人、北川から大阪市の住田銀行本店地下にあるという
240億円相当の金塊強奪計画を持ちかけられる。
メンバーは他にSEの野田、爆破工作のエキスパートで国家スパイの裏を持つモモ、
北川の弟・春樹、元エレベーター技師のじいちゃん。
しかし、計画の過程で謎の事件が次々と発生。
そこにはお互い知らない、それぞれの過去が複雑に絡み合っていた。

公開前の予告編を観た限りでは金塊強奪だけをしているイメージを受けましたが、
本編では金塊強奪よりもむしろ、登場人物のバックボーンにスポットライトが当たり、
金塊強奪を実行する直前に物語のピークがきていましたね。

井筒監督の作品は現実的に撮るという評判を聞いていましたが、
肝心の銀行に金塊強盗に入ってからの流れが行き当たりばったりで
特に緊迫感もなくラストまでダラダラと行ってしまったことが、
物語の前半が緊張感ある流れだっただけに残念でした。

特に金塊強奪の舞台になる銀行の中がちゃちすぎました。

原作の高村薫の作品は大きな事件を描いているけれど、
人間臭いドラマによって導かれる結末は驚く程、現実的な印象を与えてくれて、
上記のように井筒監督も現実路線で撮る人なのだろうけれど、
この「黄金を抱いて翔べ」に登場する金塊強奪をするメンバーが、
いかんせんイケメンすぎたのが現実的ではなかったと思いますね。

妻夫木君はいつも以上に感情を押さえた演技で物語を引き締めていましたが、
浅野忠信はいつもと全く同じ感じの演技で、「ん?」って感じで、
桐谷健吾はテンションは高いけれど繊細や役を頑張って演じ、
溝端淳平はよく分からないので割愛させて頂き、
西田敏行の安定感は流石の一言でした。

その中でも東方神起のチャンミンさんという方が登場していたのですが、
確かにイケメンで、物語の核となるモモを好演していましたが、
多分、配給にエイベックスが絡んでいたので出演に至ったのでしょうね。

そのお陰もあってか、映画館には若い女性が数多くいましたよ。

物語の前半から中盤のメンバー集めから計画の準備までは強烈な印象でしたが、
後半は一気に緊張感がなくなってしまう展開となってしまい、
前半と後半で全く違った印象の映画になってしまったのが残念でしたね。

時間があれば原作の「黄金を抱いて翔べ」を読んでみたいと思います。

黄金を抱いて翔べのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 黄金を抱いて翔べ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1176

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30