のぼうの城

本来であれば2011年9月に公開される予定が、
東日本大震災の津波の影響で公開が延期になってしまい、
ようやく2012年11月に公開となった「のぼうの城」を観てきた。

ストーリーは、
天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。
周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州の忍城には、
「のぼう様」と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいた。
やがて石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫ろうとする。
武将に求められる資質を持たず、まさに"でくのぼう"のような長親は戦いを決意、
たった500人の軍勢で迎え討とうとするが・・・。

のぼうの城」の舞台となったのが、
地元熊谷の隣の行田市ということで、公開前から地元はかなり盛り上がっていました。

その証拠に「のぼうの城」が公開された初週の観客動員(興行収入?)の
第一位にワーナーマイカル羽生、第二位に熊谷のシネティアラ21という
行田市に接した市の映画館が入ったことからも伺えます
(ちなみに行田市には映画館がありません)。

自分はシネティアラ21で観ましたが、
やはり観客の入りは上々でしたが、その9割は爺さん婆さんでしたけどね。

予告編を観た時には石田三成を上地雄輔が演じているとは思えなかったけれど、
本編の石田三成は良い人だったので、上地雄輔そのものといった感じで、
どうしても「決壊」を行いたい石田三成を上手く演じていました。

そして何よりも凄かったのが主演の野村萬斎の演技です。

「のぼう様」の時の顔と、城代の「成田長親」の時の顔を
硬軟入り交じる演技で演じきり、佐藤浩市と共に、
一歩間違えると重くなる雰囲気の映画を良い意味で「ゆるく」してくれました。

特に船上で能を踊る姿は圧巻でした。

それに比べ、成宮寛貴と榮倉奈々の演技は・・・。

子供の頃に行田には忍城という城があって、
水攻めで落とされたという話だけは聞いていましたが、
それ以外の詳細は全く知らなかったし、興味がなかったので、
この「のぼの城」が近隣の歴史を学ぶ良い機会の映画になったと思います。

エンドロールに現在の行田市の様子が流れましたが、
「プロが撮れば行田でもあれだけ綺麗に映るんだな」と感心しましたよ。

「のぼうの城」を観た人達の何人かでも実際に行田を訪れてもらえると嬉しいですし、
その際には「山下」のフライを食してもらいたいと思います。

自分も忍城後にでも行ってみようかと思っています。

のぼうの城のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: のぼうの城

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1182

コメントする

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30