007 スカイフォール

1962年に「007」シリーズの第1作目となる「007 ドクター・ノオ」が公開されてから、
記念すべき50周年となる2012年に「007」シリーズ第23作目、
そして、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの第3作目として公開された
007 スカイフォール」を観てきた。

ストーリーは、
トルコのイスタンブールで、極秘データを盗んだ敵を追っていたジェームズ・ボンドは、
敵ともみ合ううちに狙撃され、川に落ち生死不明に。
MI6では007を死亡したと判断する。
その頃、MI6本部が爆破され、サイバーテロ予告が届く。
これらのテロはMI6を率いるMに恨みを抱く者の犯行だった。
イスタンブールで密かに生き延びていたジェームズ・ボンドはMI6に戻り、
MI6を襲う敵に立ち向かうことを決意する・・・。

公開される前には製作会社のMGMの経営破綻により、
製作が暗礁に乗り上げているというニュースを目にし、心配をしていましたが、
蓋を開けてみれば無事に公開され、世界中で大ヒットとなっていて何よりです。

実際に映画を観て、自分も満足できる内容の映画でした。

今回の監督が「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞を取った
サム・メンデスということに驚かされましたが、
カジノ・ロワイヤル」、「慰めの報酬」に引き続き現実路線は継続していました。

そして、これ以上に驚かされたのが、
物語が最初から最後までボンドとMの二人の関係に焦点が当てられていたことですね。

派手なアクションシーンで始まり、
一段落した所で、相変わらず金をかけた素晴らしいオープニングが
アデルの「SKYFALL」を載せて始まってからは一気に物語に引き込まれていきましたよ。

全体的に今回の「007 スカイフォール」では、
ボンド役のダニエル・クレイグが過去二作よりも哀しみを帯びていた印象が強いです。

M役のジュディ・デンチも流石の演技で、
三回目の共演となるダニエル・クレイグとの息もピッタリでしたが、
それだけに・・・。

今回の敵役となるハビエル・バルデム演じるシルヴァが
何を考えているか分からなく、掴み所のない演技だったのが物語を引き締めていました。
やっぱり、悪役の役者の出来が物語の出来を左右しますね。

一つ、難点を挙げるとすると、
今回はボンドガールがそれほど登場しなかったということですかね。

今回初めて過去二作には登場しなかったQが登場しましたが、
過去のQとは違い、ぶっ飛んだ武器開発がメインではなく、
ハッキング等に長けていたのが、現代の情勢を表していたと思います。

これで物語も一区切りとなり、ようやくM、Q、マニーペニーが勢揃いしたので、
ダニエル・クレイグ版「007」も次のステージに突入するといったところでしょうね。

内容とは全く関係ありませんが、シルヴァのアジトがある島を海上から移したシーンが、
長崎の軍艦島だったのが個人的には嬉しかったです。

007 スカイフォールのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 007 スカイフォール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1195

コメントする

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31