人生の特等席

クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来、
4年ぶりの映画出演した「人生の特等席」を観てきた。

ストーリーは、
ガスは長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、
ここのところ年のせいで視力が弱ってきていた。
それでもまったく引退する素振りを見せない彼に、チームは疑いの目を向ける。
窮地に陥った父親に救いの手を差し伸べたのは、
あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーだった。

クリント・イーストウッドは前作の「グラン・トリノ」で
映画出演は引退したはずなのに、なぜ再び出演したかというと、
「人生の特等席」の監督が弟子のロバート・ロレンツだからのようです。

クリント・イーストウッドの映画は「重い」内容を扱っているものが多いので、
凄く良い作品だったとしても、もう一度観ようとは思わないものが多いのですが、
今回は監督が弟子という事もあり、ストーリーも今までとは違い軽そうなので、
イーストウッドの違った一面が観られると期待していましたが、
この期待は思いっきり悪い方に外れてしまいました。

父と娘の関係、娘の恋、そして肝心の野球の全てが中途半端に描かれ、
ストーリーも薄っぺらく、とにかく残念な映画でした。

イーストウッドも弟子への義理で「人生の特等席」に出演したのだろうけど、
この内容の映画ならば、絶対に出演しない方が良かったと思います。

この映画の唯一の救いは、
個人的に好きなエイミー・アダムスが出演していたことですね。

ジャスティン・ティンバーレイクは、どうでもよかったですが。

この「人生の特等席」は野球好きの人が観れば観る程、
残念感が増していくと思いますので、注意が必要だと思います。

今後は、クリント・イーストウッドには監督業に邁進して頂き、
「人生の特等席」とは違う良作を撮っていって欲しいと思います。

人生の特等席のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人生の特等席

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1190

コメントする

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31