復活 尾崎豊

1991年5月20日に横浜アリーナで行われた
尾崎豊の最後のツアーとなった「BIRTH TOUR」の
初日のライブの未公開映像を96分にまとめた「復活 尾崎豊」を観てきた。

復活 尾崎豊

ストーリーは、
1991年5月20日。
2年半以上のブランクを経てステージに立った尾崎を極度の緊張が襲う。
「天才」と呼ばれた男が唯一見せたと言われる「人間・尾崎」の姿がそこにあった。

ライブ冒頭の尾崎の「久しぶりだね」という言葉で始まり、
ライブ後の控え室でバンドメンバーと談笑する姿まで、
スクリーンに体中が「グっと」引き込まれるように観てしまいました。

正直、そこまで尾崎に明るくない人間なのですが、
今回、初めてのライブ映像を観るまでは、
尾崎があんなに動いて歌っているとは思わなかったし、
尾崎があんな場所で歌っているとも思わなかったし、
そして、尾崎があんなに笑顔で歌っているとは想像できませんでした。

誕生」を歌っている尾崎の顔を観ることができたのも嬉しかったし、
ステージに立ったままになっていたタイヤには笑わせてもらったし、
ラストに久しぶりに聞いた「シェリー」は心に凄く響きました。

あと、個人的にギターの人が履いているスニーカーが、
Air Force系のタンがデカいバッシュだったのが物凄く印象に残りましたね。

映画でライブを体験した感想としては、

「色褪せないな」

というのが正直なところです。

映画の料金が特別価格で2,000円とかなり割高でしたが、
以前に観た同じくライブ映画で料金も同じだった「U23D」に比べると、
内容も構成も「天と地」くらい差がある素晴らしさだったので、
コストパフォーマンスは高いと思いますし、満足でした。

今年は9月に行った「尾崎豊特別展」といい、今回の「復活 尾崎豊」といい、
まさか今年の年初にはこんなに「尾崎豊」な一年になるとは想像できなかったので、
人生はどうなるか分からないものですね。

この流れだと年末までに「LIVEBEAT BOX」も買ってしまいそうだけど、
「尾崎豊」な一年なので仕方ないかと諦めています。

アーティストのライブ映画としては珍しい「復活 尾崎豊」のパンフレット。

復活 尾崎豊のパンフレット

入場時に「BIRTH TOUR」初日のチケットのレプリカ?をもらいました。

「BIRTH TOUR」初日のチケットのレプリカ?

当然ですが、現在のコンビに発券の味気ないチケットに比べると凝っていますね。

「BIRTH TOUR」初日のチケットのレプリカ?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 復活 尾崎豊

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1191

コメントする

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31