ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

ヤン・マーテルのベストセラー「パイの物語」を
アン・リー監督が映画化した「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を観てきた。

ストーリーは、
1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、
父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。
パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、
一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。
必死で救命ボートにしがみついたパイはただ一命を取りとめるが、
そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。

実話だと勝手に思いこみ映画を観に行ったのですが、
どうやら違っていたようで、この時点で肩すかしを喰らってしまい、
このどうしようもない理由が影響してしまったためか、
映画を観る前は物凄く期待し、号泣する準備もできていたのですが、
映画を観終わった感想としては、あまり感動することもなく、
残念ながら至って普通の映画という感想に落ち着いてしまいましたね。

さらに予告編ではアン・リーが描く映像美もかなりプッシュしていましたが、
自分的には同じアン・リーの「グリーン・ディスティニー」の方が美しく感じました。

でも、確かに映像はとても綺麗だったし、
物語もそれなりに面白かったので、良い映画だったと思いますよ。本当に。

ただ、メインとなる遭難シーンになるまでに、かなり時間がかかり、
遭難の最中も意外にもそんなにサバイバルという感じがしなかったけれど、
それでも「どういう結末になるのだろうか」と、物語に引き込まれていましたが、
島が出てきてからは、一気に醒めてしまいましたね。

そして物語の終わり方も考えさせられるというか、モヤモヤしたままというか、
とにかく予想は完全に裏切られました。

と、まあ色々と述べさせて頂きましたが、
良い映画なのは間違いないと思うので、映画を観て損はないと思いますよ。

あと自分は3Dの映画には否定的なので2Dで観ましたが、
この「ライフ・オブ・パイ」は3Dで観る方がいいかもしれません。

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1206

コメントする

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28