第85回アカデミー賞を勝手に予想してみる

昨年のアカデミー賞では、「アーティスト」がまさかの圧勝となってしまい、
かなり予想が外れてしまいましたが、
今年もアカデミー賞の発表が迫ってきたので、
「第85回アカデミー賞」を勝手に予想してみます。

毎年恒例な言い訳なのですが、
今年もノミネートされた、ほとんどの映画は日本では公開されていないので、
主に雑誌の記事やネットのニュースを参考に自分が勝手に予想します。

今年は「リンカーン」と「アルゴ」の一騎打ちになるはずだったのが、
ベン・アフレックがまさかの監督賞にノミネートされないという事態が起き、
結果的に「リンカーン」と「世界に一つだけのプレイブック」の
争いになるではと予想しています。

とは言っても、今年は一つの作品が大勝することはないと思うので、
焦点はやはり「リンカーン」がいくつ取るかというころでしょうね。

作品賞は「リンカーン」ではなく、
ゴールデン・グローブ賞を受賞したにもかかわらず、
作品賞以外の主要部門ではほとんどノミネートされなかった
「アルゴ」が取るのではないかと予想します。

そして監督賞。

ここは「アルゴ」のベン・アフレックがノミネートされていないので、
普通であれば「リンカーン」のスティーブン・スピルバーグがとるのでしょうが、
それだと何かつまらいんですよね。

「世界の一つのプレイブック」のデヴィット・O・ラッセルに期待をしたいのですが、
監督賞は意外と堅く、スピルバーグにいくような気がします。

続いて主演男優賞。

ここは「リンカーン」のダニエル・デイ=ルイスが有利のようです。

ここも「世界の一つのプレイブック」のブラッドリー・クーパーが気になるのですが、
ちょっと相手が大俳優すぎるので、分は悪いと思いますね。

今年、堅いだろうというのは助演賞の二つ。

助演男優賞は「リンカーン」のトミー・リー・ジョーンズ、
助演女優賞は「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイで決まりのようです。

この流れで考えると、
主演女優賞は「世界の一つのプレイブック」が無冠になってしまう恐れがあるので、
ジェニファー・ローレンスに行くのではと予想します。

ただ、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャステインの演技が良かったので、
個人的には彼女に取って欲しいのですが、
ここはジェニファー・ローレンスのような気がします。

で、まとめると下記の通り。

○作品賞 「アルゴ」

○監督賞 「スティーブン・スピルバーグ(リンカーン)」

○主演男優賞 「ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)」

○主演女優賞 「ジェニファー・ローレンス(世界に一つのプレイブック)」

○助演男優賞 「トミー・リー・ジョーンズ(リンカーン)」

○助演女優賞 「アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)」

こんな感じです。

何だかんだで「リンカーン」が3部門持っていきそうですが、
ここは予想が外れて「世界に一つのプレイブック」がいくつか持っていったら、
それはそれで嬉しい誤算なので、大歓迎です。

さあ、いくつ当たりますかね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第85回アカデミー賞を勝手に予想してみる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1216

コメント(2)

お久しぶりです♪
…誰だかわかると良いのですが。。(^^;)

その後もたくさん映画を見続けていて、なんだかサスガですね。。
(自分は最近、2時間続けて観る気力が衰えてきて、、)

ところで、遅くなってしまいましたが、今年のアカデミー賞!(笑
「アルゴ」が行きましたね♪

ベン・アフレック...
いっときはジェニフアー・ロペスとの交際の話題ばっかりで、

「これで終わってしまうのか。。」思ったら、意外と持ち直しましたよね!

お久しぶりです!ハルさんもお元気そうで何よりです。
自分は忙しい時と、そうでない時の差が激しくて、映画は観られる時に一気に観ているのですが、ブログにアップする時間がないんですよね…。
「アルゴ」は良かったですよね!そして、ベン・アフレックは見事に復活しましたよね。個人的には俳優としては出演しないで、監督に専念して欲しい気がします(ベン・アフレックの顔を見ると、昔観た彼が主演した酷い映画の数々を思い出すためです)。

コメントする

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30