クラウド アトラス

マトリックス」のウォシャウスキー姉弟(本当に姉になってしまったのね)と、
ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァの三人が共同で監督し、
トム・ハンクス、ハル・ベリーらが出演した「クラウド アトラス」を観てきた。

ストーリーは、
1849年、若き弁護士ユーイングは太平洋の島からの帰りの船で生死の境をさまよう。
1936年、音楽家フロビシャーは老作曲家の採譜をするうち、あるメロディーが浮かぶ。
1973年、ジャーナリストのルイサは原子力発電所の陰謀を探っていた。
2012年、老編集者のカベンディッシュは自らのトラブルから養老院に監禁される。
2144年、全体主義国家ネオ・ソウルで、クローンのソンミ451は自我に目覚めた。
そして文明が崩壊した地球で、人々はわずかな希望にすがって生きていた。

映画の予告編を観る限りでは、自分がSFがあまり好きではないこともあり、
全く惹かれない内容だったので正直、内容には期待をしていませんでしたが、
実際に映画を観てみると3時間近くある上映時間も長く感じない程、
集中ができ、良い意味で期待を裏切ってくれた映画でした。

6つの時代のストーリーが入れ替わり立ち替わり展開されていき、
最初こそ意味が理解できなかったけれど、
それぞれの時代の話が他の時代に関係していくようになると俄然興味深くなり、
ラストまで目が離せなくなりました。

主要キャストのほとんが全ての時代に登場していて(主役、端役を問わずに)、
この点からも映画の主要テーマは「輪廻転生」だと読み取れますし、
さらに「人は変わる事ができるの(良くも悪くも)」ことを表していたと思います。

ウォシャウスキー姉弟がかかわっている映画なので、
夢も希望もない映画になるのだろうと思っていたのに、
まさか、こんないい話をみせられたのは本当に予想外でしたね。

ストーリーには色々と突っ込みたい所もあり、
さらに2012年のトム・ハンクスのキャラクターにも大いに突っ込みたいのですが、
それでももう一度映画を見返し、さらに各時代の繋がりを確認したいと思います。

クラウド アトラスのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラウド アトラス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1228

コメントする

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31