1日で巡るお遍路さん in 丸の内

丸の内のJPタワーで18日から25日まで開催されていた
「1日で巡るお遍路さん in 丸の内」に行ってきました。

1日で巡るお遍路さん in 丸の内

その名の通り、四国八十八箇所のお遍路さんのご本尊様が全てが丸の内に集合し、
通常であれば物凄い苦行の果てに達成されるはずのお遍路さんの苦行が
東京の丸の内で、たった1時間程度で回れてしまうという、
真剣にお遍路さんを行っている人が聞いたら卒倒しそうなイベントです。

このイベントの存在を知った時に、「丸の内に全てのお遍路さんが来てしまったら、
四国でお遍路さんを巡っている人達の扱いはどうなるのだろうか?」
という疑問が頭に浮かびました。

この疑問に対する回答は、
会場にいたお坊さんが今回のイベントに来ているお遍路さんについて説明してくれ、
今回の会場に来ているお遍路さんは、本来、各寺に祀られているご本尊様ではなく、
「お出かけ用のご本尊様」という「お泊りセット」のような扱いのものらしいです。

自分が買ったチケットが18時〜21時という時間指定のものだったので、
18時過ぎに会場に行った所、定員が700名のところ、
18時の段階でこのチケットを持ったほとんどの人が来てしまい、
大行列となり、お遍路できるまでかなりの時間がかかるということだったので、
先に晩飯を食べてしまおうということで、
トナリ」でタンメンを食べてから20時前に会場に戻りましたが、
まだ行列ができていたのには、さすがに閉口させられました。

そこから行列に並びましたが、少ししたら列の先の方にいた主婦軍団が、
係員に「18時から3時間並んでいるけど、まだお遍路できないのはおかしい」、
「家に子供が待っているから返金して欲しい」と詰め寄るイベントを眺めつつ、
さらに並び続け、自分がお遍路開始できたのは21時半頃になっていましたね。

お遍路開始前にお坊さんからお清めの塗香というものを頂き、
掌と手の甲に塗りこみ、お参りが開始となりました。

最初のお寺の本尊の前だけに「お砂踏み」ようの砂があり、
これを踏み、お遍路さんを開始しましたが、
その後の87の本尊の所には、なぜかこの「お砂踏み」はありませんでした。

さらに最初の本尊様をお参りしている姿をカメラマンが写真を撮っていて、
この写真をお参りが終わった場所で1,500円で販売しているのを見た時には、
この商魂逞しさに対し、どっと疲れが出てきましたよ。

そして、1時間以上かけてどうにか八十八箇所のお参りが完了し、
「四国八十八箇所霊場 お砂踏み 結願之証」を頂きました。

四国八十八箇所霊場 お砂踏み 結願之証

とにかく疲れました。

何に疲れたって、このイベントの企画、運営の杜撰さ。

多分、このイベントを通して、
「お遍路さんって、こんなに甘くはねえぞ」と教えてくれたのだと思います。

自分もまさかこれで四国八十八箇所を巡れたとは思ってはいないので、
いずれ四国まで足を運び、本当のお遍路さんを行いたいと思っています。

そのきっかけをくれたイベントだったと自分を納得させ、会場を後にしました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1日で巡るお遍路さん in 丸の内

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1236

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30