ヒッチコック

あのヒッチコックが名作「サイコ」を撮る際に起きた苦悩を通し、
妻のアルマとの関係に焦点を当て、ヒッチコック本人の心の葛藤を描いた
アンヴィル」のサーシャ・ガヴァシ監督の「ヒッチコック」を観てきた。

ストーリーは、
1959年。
作品の高評価とは裏腹にアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコックは、
後にサスペンス映画の金字塔と称される「サイコ」の製作に着手。
しかし独創的かつ奇抜であるがゆえに資金繰りは難航し、数々の困難に見舞われる。
さらに、常に彼を支え続けてきた最大の理解者である妻アルマとの関係まで
ほころびが生じてきてきてしまう。

自分はヒッチコックの「裏窓」を小学生の時にビデオで見て、
物凄い衝撃を受けたのを覚えていますし、
その後、「サイコ」、「北北西に進路を取れ」などはもちろん、
有名な作品を片っ端から見まくったもんです。

ヒッチコックの作品はかなり知っていはいても、ヒッチコック本人については、
自分の作品にカメオ出演する太ったおじさん程度にしか知らなく、
「ヒッチコック」を観ることにより、ヒッチコックの人となりが分かると思い、
映画館に行ってきました。

物語は「サイコ」を撮る際の苦労がメインに描かれていて、
そして妻のアルマとの関係も描かれ、
ヒッチコックにとって、いかにアルマの存在が重要だったかを理解することができます。

映画を観る前はヒッチコックは天才で苦労知らずだと思っていたし、
「サイコ」もこんなに難産の末に生まれた作品だったとは思わなかったので驚きでした。

「サイコ」のあの有名なシャワーシーンがどのように生まれたのかも描かていて、
さらにあのシーンの音響もなぜあの音響になったのかが分かり、
映画を観ていて非常に興味深いものがありました。

そして、映画を引き締めていたのは、
ヒッチコックを演じたアンソニー・ホプキンスと
妻のアルマを演じたヘレン・ミレンのベテラン二人の圧倒的な演技でした。

女好きで身勝手で気の小さそうなヒッチコックを演じきった、アンソニー・ホプキンス、
そして、そのヒッチコックに呆れつつも決して見捨てなく、
優しい愛情で支え続けたアルマを演じたヘレン・ミレンは見事でした。

あと、スカーレット・ヨハンソンとジェシカ・ビールの綺麗所二人が
何かエロくて良かったです。

ヒッチコックを知っている人なら問題なく楽しめる映画ですし、
ヒッチコックを知らない人も、「サイコ」を見てから映画館に行けば、
ある程度、話の展開は分かると思うので、お勧めできる映画ですよ。

ヒッチコックのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヒッチコック

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1234

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30