コズモポリス

デビット・クローネンバーグ監督の最新作で、
ロバート・パティンソン主演の「コズモポリス」を観てきた。

ストーリーは、
ニューヨークの青年投資家エリック・パッカーは、28歳にして巨万の富を築きあげ、
金の動きに一喜一憂しながら、愛人たちとの快楽にふける毎日を送っていた。
しかし、そんなエリックの背後に暗殺者の影がちらつきはじめる。

主人公のエリックは物語のほとんどをリムジンの中で過ごしていて、
そのリムジンにエリックの様々なブレーンが乗り込み、エリックに必要な情報を与え、
投資の失敗により全てを失ったエリックの人生に対する考えが変わっていく様と、
貧富の差が極限まで達し、リムジンの外で巻き起こっているデモの騒然さと、
リムジンの中の静寂さの対比が「格差」を象徴している様子が描かれた映画だった。

と、↑こんな風に映画を観終わった今、かなり頑張って物語をまとめてみたけれど、
映画を観ている最中は、こんな感想は全く持たず、とにかく退屈な映画でしたよ。

荒木飛呂彦先生が勧めていたり、
ロバート・パディソンの衣装をグッチが提供しているという事に
(ロバート・パディソンは普段からグッチから衣装の提供を受けているらしい)、
興味を惹かれていたのですがね...。

まず、何を言いたいのかが全く分からないので、
ただ、リムジンに次から次へと乗り込んで来る人の難しい話を聞かされ続け、
これが自分にはラリホーに感じてしまい、途中に意識を数分失っていたと思います。

自分が命を狙われているのに「床屋」に行くためにリムジンで移動することや、
何度か登場する妻に「セックスをしよう」と常に話しかけるやり取りや、
リムジンに乗り込んで来るブレーンとの難しい会話の所々に、
多くのメタファーが仕込まれているようでしたが、自分には全く分かりませんでしたね。

ジュリエット・ビノシュやマチュー・アマルリック、ポール・ジアマッティといった、
名優が脇を固めていただけに何だか残念な気分になってしまいました。

この「コズモポリス」は二度と観ることはないでしょうね。

本当に別の意味で衝撃でした。

コズモポリスのパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コズモポリス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1239

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30