アイアンマン3

|

アイアンマン」シリーズの第三作目となる、
ロバート・ダウニーJR主演の「アイアンマン3」を観てきた。

ストーリーは、
人類滅亡の危機を救ったアベンジャーズの戦いから1年。
トニー・スタークはアイアンマンスーツのさらなる開発に没頭していたが、
合衆国政府は国家の命運をヒーローという個人の力にゆだねることを危惧していた。
そんな時、謎のテロリスト、マンダリンが動き出し、
その壮絶な攻撃の前にトニーは全てを失ってしまう。

物凄い派手で、観る前の期待を裏切らなかった映画でした。

ただ、シリーズも三作目ともなると、
映画を観る方も普通の事では驚かなくなってきているので、
もはやこの「アイアンマン3」の世界では何でもありになっていましたね。

アイアンマンスーツも「マーク42」まで作られていたし、
スーツの中にトニーが入らないで、遠隔操作ができるようになっていたし、
スクリーンにこれでもかとアイアンマンが登場して、「おいおい」となったし、
敵が「X-MEN」に登場しそうなキャラだったりと、とにかく突っ込み所も満載でした。

そして、「アイアンマン3」に登場する敵の二人の俳優も強烈でした。

まず、マンダリン役のベン・キングズレー。
予告編で観た時は、何でこの典型的な悪役を受けたのだろうかと疑問でしたが、
実際に映画を観てみると、一番おいしい役だったのではないかと思うくらい、
素晴らしいキャラクターでしたね(というか反則です)。

そして、キリアン役のガイ・ピアース。
映画の冒頭に登場した時の姿と、その後に登場した時の姿のギャップに驚きましたが、
それ以上に、ガイ・ピアースがハリウッド大作の映画の悪役を演じている事の方に、
驚きを感じながら映画を観ていました。

物語は「アベンジャーズ」の戦いで受けた影響を払拭できないでいる
トニーが葛藤し続け、復活するまでの姿が描かれているので、
やはり「アイアンマン」シリーズと「アベンジャーズ」は
観ておいた方が絶対に楽しめる内容ですね。

ロバート・ダウニーJRが「アイアンマン」出演時に交わした契約によると、
「アイアンマン」3作と、「アベンジャーズ」の計4本の契約だったようなので、
この「アイアンマン3」で一応、一区切りとなったようです。

ただ、ドル箱のシリーズですし、「アベンジャーズ2」の公開も決定しているので、
何の問題もなく、ロバート・ダウニーJRがアイアンマンとして帰ってくると思います。
まあ、エンドロールでも「007」みたいな感じのメッセージが出てましたしね。

今後も「ウルヴァリン:SAMURAI」、「マイティ・ソー2」と
マーヴェル作品の公開が続くので、楽しみに待ちたいと思います。

「アイアンマン3」のパンフレット

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31