ビトレイヤー

ジェームズ・マカボイ、マーク・ストロング出演の
リドリー・スコットが製作総指揮をした「ビトレイヤー」と観てきた。

ストーリーは、
警察官マックス・ルインスキーと大物犯罪者ジェイコブ・スターンウッドは、
かつて激しい攻防を繰り広げ、互いに心身に深い傷を負った因縁の間柄だった。
しかしある時、事件に巻き込まれたという息子からの連絡を受けたジェイコブが、
潜伏先からロンドンに戻ってくる。
マックスにとってはジェイコブを捕まえるまたとないチャンスだったが、
いつしか政府がらみの巨大な陰謀に巻き込まれたことに気づいた2人は、
互いが生き延びるため協力しあうことになる。

内容は警察と政治を舞台にした利権争いの話で、
まあ、最近の映画ではよく目にする内容の映画でしたが、
ロンドンを舞台にして、ほぼイギリス人俳優だけで
この映画を撮ったことに意味があるのでしょう、多分。

主役のマックスを演じたジェームズ・マカボイは、
これまでにも「ウォンテッド」や
X-MEN:ファースト・ジェネレーション」にも出演していましたが、
どうしてもジェームズ・マカボイが演じているのを最初に観た
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のタムナスさんにしか見えないんだよね。
そのため演技が上手いとか下手ではなく、そこにタムナスさんがいるっていう感覚に陥り、
何だかほんわかとした気分になってしまうんですよね、困った事に。

そしてスターンウッド役のマーク・ストロング。
個人的にこの俳優は好きです。
強面の顔からして、あまり役に融通が利かなそうなのですが、
これがどうして、「ゼロ・ダーク・サーティ」や「裏切りのサーカス」といったように
意外と幅広い役をこなし、どれもいい味をだしているから不思議です。

ただ残念だったのが、マックスとスターンウッドの因縁が薄くしか描かれていなく、
なぜ、二人がここまで惹かれ合うことになるのかの説明が弱かったんだよね。
まあ、あえてこういう風な描き方にしたのかもしれないけれど、
自分はこの店はもっと突っ込んで欲しかったなと思っております。

本当によくある話の映画ですが、
美しい夜のロンドンの街並が何度も登場していたので、
ロンドンが好きな人には、胸を張ってお勧めできると思います。

最後に、この映画の原題は「WELCOME TO THE PUNCH」。
「PUNCH」とは貨物船が港に運んできたコンテナを積んでおく場所のこと。
この「PUNCH」が物語の中で重要な場所となるので、この原題は納得ですが、
邦題の「ビトレイヤー」に関しては...です。

「ビトレイヤー」のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ビトレイヤー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1246

コメントする

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30