愛、アムール

2012年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール」を観てきた。

ストーリーは、
音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、パリの高級アパルトマンで悠々自適な老後生活を送っていた。しかし、ある日突然、妻のアンヌが病に倒れ、手術も失敗して体が不自由になってしまう。ジョルジュは病院嫌いな妻の願いを聞き、車椅子生活になったアンヌを支えながら自宅で暮らすことを決意。2人はこれまでどおりの生活を続けようとするが、アンヌの病状は悪化していく。

凄い映画でした。映画を観る前に自分が想像してた内容をはるかに上回っていました。絶対に号泣できる映画だと思っていましたが、圧倒的な内容に涙を流す事などできないまま、物凄い衝撃を受け、映画が終わりました。

辛い、切ない、悲しい。どんな言葉を用意してもこの映画の内容を表すのは軽過ぎると思います。

高齢者の介護を高齢者が行う。現実の世界ではもっと厳しい現場なのだと思うけれど、それでもこの題材と真正面から向き合い、目を背ける事なく映画を撮りきったミヒャエル・ハネケ監督の手腕には脱帽です。

映画の大部分はパリのアパルトメントの3〜4室のみで展開され、登場人物も数限られていたので、この動きのない映画で最後まで飽きさせる事なく映画を観させてくれたのは、監督の手腕と俳優の演技の上手さに尽きると思います。

病魔に蝕まれていく妻を献身的に介護するジョルジュを演じたジャン=ルイ・トランティニャンの静かな演技、そして、体の自由を奪われていく様を見事に演じ、切な過ぎる演技をみせてくれた、アンヌを演じたエマニュエル・リヴァ。さらにミヒャエル・ハヌケ監督の「ピアニスト」にも出演していたイザベル・ユペールも二人の娘役で出演し、好演をしていました。

映画を観終わった後のしばらくは、がつんと殴られたような感じになってしまいましたね。

とても素晴らしい映画でしたが、もう一度観るかと聞かれたら、「う〜ん」という答えになってしまいますね。

「愛、アムール」のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛、アムール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1250

コメントする

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31