ビル・カニンガム&ニューヨーク

|

ニューヨークで50年以上に渡り、ストリートスナップを撮り続け、「ニューヨークタイムズ」でファッションコラムを担当しているフォトグラファーのビル・カニンガムの姿を映したドキュメンタリー映画の「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を観てきた。

 

ストーリーは、
50年以上にわたりニューヨークの街角で毎日ファッショントレンドを撮影し、ニューヨーカーたちに愛されているカニンガム。しかし、親しい業界人ですら、そのプライベートを知る者はほとんどいないといわれている。そんなカニンガムに2年間にわたり密着し、カニンガムの知られざる私生活や仕事ぶりを映し出す。

 

正直、ビル・カニンガムとう人は知りませんでしたが、この映画を観た率直な感想としては、「こんな世界もあるんだな」というものでした。現在、84歳という年齢にも関わらず、雨の日だろうとニューヨークの街に出て、ストリートスナップを撮り続けている姿には圧倒され、映画にどんどんと引き込まれていきました。

 

ファッションを題材にした写真を撮り続けているのに、自分の服装はポケットが多い実用的な青い作業着だし、雨用の合羽は黒いゴミ袋に穴を開けて着ていたりと、ファッションよりもあくまでも写真を撮影するための機能性を重視したものを着用している姿はとても印象に残りました。

 

ヴォーグの編集長のアナ・ウィンター(「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープが演じた女編集長のモデルとなった人)には、「ビルに撮られるために毎日服を着ている」とまで言わせ、パリコレのショーに顔パスで入れる等が、ビルがいかに認められているかを表していると思いますが、「働いているのではなく、好きな事をしているだけだ」と、言いきれてしまう人間性が全てなのだと思います。

 

映画の終盤にビルのプライベートについて質問された時に、しばしの沈黙の後に自らの事を語りだすシーンは、心に響き、感動させられました。

 

とにかく素敵な映画でした。できれば自分も彼のように素敵な歳の取り方をしたいと思っています。

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」のパンフレット

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31