イノセント・ガーデン

| | トラックバック(0)

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督、ミア・ワシコウスカちゃん主演の「イノセント・ガーデン」を観てきた。

ストーリーは、
外部と隔絶された大きな屋敷に暮らす繊細な少女インディアは、18歳の誕生日に良き理解者だった父親を事故で失う。母とともに葬儀に参列していたインディアだったが、そこへ行方不明になっていた叔父が突然現れ、一緒に屋敷で暮らすことになる。そのことをきっかけにインディアの周囲で不可解な現象が起こるはじめる。

今年の春にソウルの地下鉄の駅で、この「イノセント・ガーデン」のポスターが多数貼られているのを見て不思議に思っていたのですが、監督がパク・チャヌクだったからなのですね。韓国ではミア・ワシコウスカちゃんか、ニコール・キッドマンの人気が高いのかと思っていたのですが、この映画を観て、謎が解けました。

そして監督がパク・チャヌクということで、「オールド・ボーイ」同様にかなり過激な映画なのではと期待をして映画館に行きましたが、扱っている内容こそ過激なものでしたが、内容の方は上手にまとまった話になっていましたね。

物語の前半こそ、叔父のチャールズの異常者ぶりがクローズアップされていましたが、物語の中盤以降はミア・ワシコウスカちゃん演じるインディアの「目覚め」が描かれていて、映画を観終わった今となっても、インディアは生まれながらの異常者なのか、それともチャールズと遭遇したことによって、インディアの中の本能が目覚めてしまったのかが分からないままなんですよね。ただ、物語前半のインディアの自分に自信がなさそうな顔が、終盤には活き活きとした顔になっていたのが凄く印象的です。

とても静かで美しい映画で、特に何度も飛び散っていた血の「赤」がとても美しく描かれていた作品でした。

そしてミア・ワシコウスカちゃんの美しさね。あのニコール・キッドマンがかなり老けてみえるくらいでしたから...。あと「世界にひとつのプレイブック」に母親役で出演していたジャッキー・ウィーバーが短時間の出演でしたが、とても良かったです。

「イノセント・ガーデン」のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イノセント・ガーデン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1263

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30