エンド・オブ・ホワイトハウス

| | トラックバック(0)

「トレーニングデイ」のアントワン・フークワ監督、ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観てきた。

ストーリーは、
アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出す。

まあ、よくある話です。物語の主な流れは「ダイ・ハード」、「沈黙の戦艦」などと全く同じです。違うのは舞台がホワイトハウスで、主人公が元シークレットサービスということくらいで、後はラストまで「どこかで観たことがある話だな」というものとなります。そのため、「ダイ・ハード」、「沈黙の戦艦」等が大好きな人間にはとてもお勧めできる映画ですが、これらに全く興味がない人はスルーした方がよろしいということになりますね。

監督がアントワン・フークワということで、銃撃シーンや格闘シーンがとても迫力があり、銃殺、刺殺等のシーンがかなり本格的に描かれていたのが流石という感じで、とても見応えがありました。

それにしても主演のジェラルド・バトラーの出演映画を選ぶ基準がよく分からないんですよね。「オペラ座の怪人」のような大作に出演したかと思うと、全く注目されないような作品に出演したりと、自分のこだわりなのか、それともエージェントが弱いのか、とにかく意外な作品に出演してしまうことが多い俳優という印象をいつもまでも持ってしまうんですよね。

モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、アーロン・エッカート、アシュレイ・ジャッドといった面々が脇を固めているので、意外としっかりした映画になっていました。特に国防長官を演じたメリッサ・レオの演技には鬼気迫るものがありました。

ちなみに「エンド・オブ・ホワイトハウス」の原題は「OLYMPUS HAS FALLEN」。これはホワイトハウスがテロリストに襲撃され、占領された時にシークレットサービスの一人が口にしていましたが、ホワイトハウスが占拠されたという暗号として使われていました。

ホワイトハウスはこの後に「ホワイトハウス・ダウン」でまたしてもテロリストに占領されることとなります。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」のパンフレット

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エンド・オブ・ホワイトハウス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.myownprivateidaho.net/mt/mt-tb.cgi/1268

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30