第86回アカデミー賞を勝手に予想してみる

|

昨年のアカデミー賞予想では、「リンカーン」関連の予想を外してしまい、微妙な結果になってしまったのですが、今年のアカデミー賞の発表が明日に迫ってきたので、懲りずに「第86回アカデミー賞」を勝手に予想してみます。

今年は作品賞にノミネートされた9作品のうち、5作品を観ているので、昨年までよりは情報があるはずなのですが、観ていない作品もあるので、やっぱり今年も雑誌の記事やネットのニュースを参考にしつつ勝手に予想します。

今年は「ゼロ・グラビティ」と「アメリカン・ハッスル」、そして邦題にセンスのかけらもない「それでも夜は明ける」の3作品が賞レースの主役となり、それに「ダラス・バイヤーズクラブ」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が続いているといった感じでしょうか。

作品賞は「それでも夜は明ける」が獲るのではないでしょうか。
正直、この映画は観ていないので何とも言えませんが、実際に観た「ゼロ・グラビティ」は、普通によくある話にしか思えず、「何でこんなに評価されているのだろうか」と思ってしまったし、さらに「ゼロ・グラビティ」の上映時間は90分くらいなんですよね。何となくアカデミー賞作品賞を獲る映画は120分以上の大作という印象が強いので、難しいのではないでしょうかね。 「アメリカン・ハッスル」はかなりいい映画でしたが、いかんせん内容が昨年作品賞を受賞した「アルゴ」と被っている部分(実際に起きた事件、作戦を映画化した)が多かったので、ちょっとないかなと思っています。 で、消去法で「それでも夜は明ける」になると予想します。

続いて監督賞。
ここは「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンが堅いようなのですが、前述通りに「ゼロ・グラビティ」の良さがよく分からなかったので、ここは敢えて本命を外して、個人的な願望を込めて「アメリカン・ハッスル」のデビット・O・ラッセルを推したいと思います。

続いて主演男優賞。
最初は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でヤク中の切れた演技をみせたレオナルド・ディカプリオが獲ってもいいんじゃないかと思っていましたが、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーを観てしまったら、自分の中では完全にマシュー・マコノヒーに軍配が上がりました。まあエイズ患者という役柄に大減量して臨むというのもアカデミーに受けるパターンですからね。

そして助演男優賞も「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レトが堅いと思われます。「ダラス・バイヤーズクラブ」の中ではマシュー・マコノヒーを凌ぐ凄まじい演技をみせていましたからね。

で、今年よく分からないのが女優賞の二つ。
ここはニュースや記事の情報をまとめて、主演女優賞がケイト・ブランシェット、助演女優賞がルピタ・ニョンゴになると思われます。

で、まとめると下記の通り。

○作品賞 「それでも夜は明ける」

○監督賞 「デビット・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)」

○主演男優賞 「マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)」

○主演女優賞 「ケイト・ブランシェット(ブルージャスミン)」

○助演男優賞 「ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)」

○助演女優賞 「ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)」

こんな感じです。

完全に私情で「ゼロ・グラビティ」を外してしまいましたが、さあ、いくつ当たりますかね。

あと個人的には「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」にいくつか賞を獲ってもらいたいと思っています。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31