障害者スポーツの最近のブログ記事

今年もピノキオカップの季節となり、
恒例のTOのボランティアとして大会に参加してきました。

大会は2日間に渡り行われるのですが、
昨年は地震の影響により、2日目が中止となってしまい、
優勝チームが決まらないまま大会が終了となってしまったため、
本来ならば優勝、準優勝チームがシードされるはずのところ、
抽選の結果、両チームが1回戦から登場するという
例年とは違う大会の幕開けとなりました。

それでも強いチームは強いので順調に勝ち上がり、
来週の準決勝に駒を進めていました。

この大会で埼玉県、さいたま市の代表選手を選抜し、
全国障害者スポーツ大会の関東予選に臨むわけですが、
今年こそは強敵の横浜市、東京都を倒して、全国大会に出場して欲しいものです。

毎年、大会前日の飲み会で深酒し、激辛なテグタンを食べ体がボロボロになり、
大会当日の朝に会場に到着すると、真っ先にトイレに直行するという事が恒例になっている
「彩の国ふれあいピック秋季大会」にボランティアとして参加してきました。

20110925a.jpg

「彩の国ふれあいピック秋季大会」はレクリエーション色が濃い大会なので、
毎回、力を入れすぎる事無く、自分も楽しみながらお手伝いをしているのですが、
今年は自分の割り振られた担当を見て、驚愕してしまいましたね。

何と、その担当は「ゆるキャラ統括」

↓このゆるキャラと

コバトン

↓このゆるキャラと

ニャオざね

↓このゆるキャラの

ふっかちゃん

タイムスケジュールを管理する大変な担当でした。

「さあ、コバトン行こうか」とか、

「ニャオざねさんダンス会場にお願いします」とか、

「ふっかちゃんさん、出番です」とか、

とても障害者スポーツの大会に来ているとは思えない一日になりました。

朝の開会式から、夕方の全競技終了まで、ゆるキャラと会場を歩き回った一日でしたが、
「ふっかちゃん」のモフモフ具合に癒されまくりでした。

この「ふっかちゃん」、
現在行われている「ゆるキャラグランプリ2011」にて第4位と検討しているようなので、
「ふっかちゃん」に癒された方は、是非投票してあげてください。

こんな、ゆるキャラ色が全開だった「彩の国ふれあいピック秋季大会」でした。

地元のくまがやドームで開催された
「FIDジャパン チャンピオンシップ バスケットボール大会」に
一応、スタッフとして参加してきました。

「FIDジャパン チャンピオンシップ バスケットボール大会」とは、
自分もそれ程大会の意味を理解していないのですが、
今年で16回目を向かえる、知的障害者のバスケットボール大会の全国大会で、
秋にイタリアで開催される世界大会の日本代表を選抜する選考会でもあるようです。

全国大会という事で、どんな仕事があるのだろうかと不安でしたが、
やる事は「ピノキオカップ」と何ら変わりませんでしたね。

でも、試合のレベルは高かった。

男子準決勝の東京対秋田、
女子決勝の神奈川対東京の2試合は4ピリの最後の最後まで、
どちらが勝つか全く分からない目の離せない展開でしたし、

男子決勝の横浜対東京はオーバータイムに入る大熱戦。

オーバータイムでは、会場にいるスタッフ全員も作業をしている手を止め、
完全に試合に魅入り、選手の一挙手一投足に注目していました。

男子の優勝が横浜、
女子の優勝が神奈川となりましたが、
本当に紙一重の差だったと思います。

好試合をコートサイドで観続けていたら、
改めてバスケって楽しいなと実感させてもらえましたよ。

知的障害者がするバスケットボールという事で、
レベルが落ちるのではと思うかもしれませんが、
この全国大会レベルになってくると、はっきり言って上手いです。

自分も一応、バスケの経験者ですが、
この大会に出ているどのチームに入ってもベンチだと思います。

なかなか目にする機会はないと思いますが、一度生で観てみる事をお勧めします。

驚きますよ。

今年もピノキオカップの季節がやってきました。

ピノキオカップ

全国障害者スポーツ大会関東ブロック予選の選手選考も兼ねている大会ですが、
初日の今日はチーム間のレベル差が大きく、
一方的なスコアになってしまう試合も多くありますが、
試合に出ている選手の一生懸命な姿に毎年、心を打たれ、
自分も頑張らなくてはと勇気をもらえる大会でもあります。

ピノキオカップ

毎年、この大会になると車に積みっ放しになっている
「AIR JORDAN 11 SPACE JAM」を履き、体育館に足を踏み入れると、
無性にバスケをやりたくなってしまいます。

今年もTOとして大会をお手伝いさせてもらいながら、
毎年見かける選手の成長した姿を確認していました。

来週は優勝チームが決まります。

波乱を期待したいのですが、
それよりも、いい試合を観たいと思います。

※フューチャーズのユニフォームが、レイカーズカラーになっていましたね。

今年も熊谷スポーツ文化公園で
「彩の国ふれあいピック春季大会」が開催されました。

彩の国ふれあいピック春季大会

残念ながら本日の天気は雨。

ドーム内で開催された、フライングディスクは
雨の影響を受けることなく競技は進められ、

フライングディスク

体育館で開催された、卓球も同じく滞りなく競技は進んだ。

卓球

一番の問題だったのが、陸上競技。

朝から降り続いた雨は、午後にはさらに強くなり、
陸上競技に参加した選手にとっては、かなりの障壁になってしまっていた。

陸上競技

このようなピッチコンディションの中でも、
選手はもちろんのこと、介護の方、伴走の方たちは
選手が少しでも良い記録が出るように支えている姿は、
毎年の事ですが、感動させられます。

月並みな表現になってしまいますが、
障害を持つ方たちが必死に競技に打ち込み、
1秒、1cmでも良い記録出そうと努力している姿を見る度に、
自分の抱えている問題なんて小さいものだと痛感します。

「彩の国ふれあいピック春季大会」は、
10月に千葉県で行われる「全国障害者スポーツ大会」の予選会を兼ねていて、
今回の結果を受け、代表に選考された選手が埼玉県、さいたま市代表として、
「全国障害者スポーツ大会」に出場する事になります。

全国大会に出場する選手の方達の健闘を期待しています。

先週の大会で男女共にベスト4が出揃った、ピノキオカップ。

今日、準決勝と決勝が行われ、
今年のピノキオカップの優勝チームが決定しました。

男子の優勝は、フューチャーズ。
女子の優勝は、ちちぶワイルドボアーズ。
男女共に、昨年の優勝チームが連覇を達成しました。

ピノキオカップ2010

男子のフューチャーズは危なげのない試合運びでの優勝でしたが、
女子の決勝は試合終了まで、シーソーゲームが続き、
1点差で、彩の国レッドキングを振り切った、
ちちぶワイルドボアーズが栄冠を掴みました。

ピノキオカップ2010

この大会の結果を受け、埼玉県、さいたま市の代表選手を先行し、
5月29日、30日に千葉県で開催される関東ブロック予選会に出場し、
10月に同じく千葉県で開催される全国障害者スポーツ大会出場を目指します。

是非、関東大会を勝ち進み、全国大会へ出場してもらいたいです。
そして、10月に千葉県に応援に駆けつけたいものです。

先月のバレンタイン・リーグに引き続き、
熊谷スポーツ文化公園体育館にて
今週と来週の2週に渡りピノキオカップが開催されています。

ピノキオカップはバレンタイン・リーグとは違い、
全国障害者スポーツ大会関東ブロック予選の選手選考も兼ねているので
会場にはコバトンもハートちゃんも登場しない真剣な雰囲気で行われます。
(本当は試合数が多く、時間が押しているからです)

今日は朝から雨が降り、とても寒い一日でしたが、
朝早くの集合時間にも関わらず、県内から多くのチームが参加し、
大会は盛り上がりました。

ピノキオカップ2010初日

TOとしてオフィシャルのテーブルから試合を見ていると、
昨年の大会でも見掛けた子達の上達した姿が確認できると、
チーム関係者でも何でもない自分まで嬉しくなりますし、
これがこの大会の毎年の楽しみでもあります。

ピノキオカップ2010初日

今日で男女とも4強が出揃い、
来週の大会で優勝チームが決まります。
どのチームが優勝しても、好ゲームになることを期待しています。

ピノキオカップ2010初日

「彩の国ふれあいピック バスケットボール大会 フレンドシップの部」として
昨年から新設された「バレンタイン・リーグ」が
くまがやドームで本日、開催された。

バレンタイン・リーグプログラム

今年は12チームがエントリーしていたので、
6チームずつの2リーグで行われる予定だったらしいが、
直前に1チームがエントリーを取り消してしまったため、
6チームのリーグと5チームのリーグになってしまい、
5チームのリーグに参加するチームは1試合少なくなってしまったのが残念だった。

フレンドシップということもあり、
チーム毎の実力差が大きく、一見すると試合が成り立たないと思うが、
そこは各試合で審判の方々が、大差がつきそうになると
甘い笛を吹くという理解ある進行のお陰で、盛り上がる展開となっていた。

バレンタイン・リーグ
バレンタイン・リーグ

「バレンタイン・リーグ」という名の通り、
昼休みには全参加チームにチョコレートのプレゼントがありました。

チョコレート

ちなみにチョコレートを配ったのは「ハートちゃん」。
何の生き物かは知りませんが頑張ってました。
※コバトンのスケジュールが付かなかったので、代わりに登場したという噂もあります。

大会は大きな怪我をする選手もなく、無事終了。

今後は3月7日、14日に同じ会場のくまがやドームで
「彩の国ふれあいピック バスケットボール大会 チャンピオンシップの部」、
通称「ピノキオカップ」が開催されます。

彩の国ふれあいピック秋季大会が
熊谷スポーツ文化公園で開催されました。

彩の国ふれあいピック秋季大会

ふれあいピック秋季大会は
障害者スポーツに触れてもらうことを目的とした大会で、
全国障害者スポーツ大会の予選会を兼ねているふれあいピック春季大会とは違い、
和気藹々としたレクリエーション色の強い大会になっている。

今年も埼玉県内から多くの参加者がエントリーし、
陸上、フライングディスク、ボッチャ、ゴールボール等の
競技を楽しんでいました。

彩の国ふれあいピック秋季大会

今日の熊谷の天候は曇り/雨。

毎年このふれあいピック秋季大会は天気が悪く、
晴れた試しがない呪われたものになっている。

多分、来年の大会も雨が降るでしょう。

今日はコバトンが売り子をしていました。

売り子のコバトン

今年も全国障害者スポーツ大会の
埼玉県、さいたま市予選会を兼ねた
「彩の国ふれあいピック春季大会」が開催された。

今日の予選を勝ち抜いた選手達は
今年は10月に新潟県で開催される
第9回全国障害者スポーツ大会「トキめき新潟大会」に
埼玉県、さいたま市の代表として出場する。

トキッキー

毎年5月のこの時期に開催している
「彩の国ふれあいピック春季大会」だけど、
必ずといっていいほど天候が良くない。

過去に晴天だったことは1回位しか記憶にない。
参加した選手には万全のコンディションで
競技に臨んでもらいたいけど、
「彩の国ふれあいピック春季大会」=雨と割り切り、
来年以降もがんばってもらいたい。

今日は陸上、フライングディスク、卓球が行われ、
多数の選手が参加し、盛り上がり終了した。

次は10月の「彩の国ふれあいピック秋季大会」だ。

陸上競技 フライングディスク 卓球

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1