阿修羅の最近のブログ記事

東大寺を出て、近鉄奈良駅に向かって10分程歩くと、
あの阿修羅様がいらっしゃいます、興福寺に到着となります。

興福寺

阿修羅ファンクラブ」に入会している自分にとっては、
興福寺を訪れ、阿修羅様にお会いするのは当然の事であり、
昨年、東京国立博物館で阿修羅様にお会いした時に交わした、
「来年、奈良で再びお会いする」という約束を果たす事ができました。

興福寺

まずは東金堂で、薬師如来や文殊菩薩を見学した後に、

東金堂

東寺に次いで、日本で2番目に高い木造の五重塔を見学。

五重塔

この高ぶった気持ちを抱きつつ、
阿修羅様がおらっしゃる、国宝館に突入しました。

国宝館

興福寺国宝館は今年の3月に改修が終了し、
この改修中に、東京、九州に阿修羅様は出稼ぎに出されていた模様。

驚いた事に、国宝館の入場券を売っている場所で、
あの「阿修羅ファンクラブ」の募集をまだしていました。
ただ、入会してもピンバッジは付いてこないようです。

国宝館の中はギンギンにクーラーが効いていて、
さらに夏休み前ということで、学生も皆無で、
快適な条件で、ゆっくりと見学する事ができました。

展示物は「国宝 阿修羅展」で見たよりも流石に多く、
見応えも充分ありましたが、何だかんだいってもメインは阿修羅様。

さすがに十大弟子、八部衆の展示されているスペースに辿り着くと
テンションも上がってきました。

しかし、展示の仕方は「国宝 阿修羅展」の時の方が見応えがありましたね。

今回の改修でガラスケースが取り除かれたようですが、
「国宝 阿修羅展」の時には見れた、阿修羅様の背中は拝む事ができませんでした。

でも、「国宝 阿修羅展」と比べると、
全体的に人が少なく、阿修羅様の正面に簡単に辿り着け、
5分程、阿修羅様の顔をずーっと眺めている事が可能でした。

あまりに人がいなかったせいなのか、中国人のオッサンが、
普通に阿修羅様をカメラで撮影しようとして(撮影しちゃった?)、
係員のオッサンに取り押さえられ、物凄く怒られてました。

これも阿修羅様の魔力なのかな・・・。

できれば、ずーっと阿修羅様の前にいたかったのですが、
次の予定があったので、泣く泣く国宝館を後にしました。

約1年3ヶ月ぶりに再会した阿修羅様は、やはり美しかったです。
わざわざ奈良まで来た甲斐があったってもんです。

また近いうちに再会をしたいです。

そして、その際には今回忘れてしまった、
阿修羅ファンクラブのピンバッジを胸に付けて来ます!

先日「国宝 阿修羅展」に行った際に
売店で物凄いものを発見。

「国宝阿修羅展公式フィギュア 阿修羅像」

国宝阿修羅展公式フィギュア 阿修羅像 国宝阿修羅展公式フィギュア 阿修羅像

今の阿修羅像は年月の経過により分からないけど、
本当の阿修羅像の色は赤いらしいようで、
このフィギュアは体の色まで完全に再現している
完璧な出来となっている。
ちなみに制作したのはあの海洋堂。

会場で物凄い人気だったらしく、
在庫がなくなり、予約販売に切り替わっていて、
購入するにはチケットを提示し、
さらには後日郵送で商品が届くという販売方法だった。

発送予定は5月の中旬と言われていたので
いきなり郵便物が届いていてビックリ。

興奮冷めやらぬまま、
早速、阿修羅様を開封し、記念撮影をした。

阿修羅様正面 阿修羅様右側 阿修羅様背中 阿修羅様左側

阿修羅様とC-3POとR2D2

阿修羅様とC-3POとR2D2

阿修羅様の教えを聞く兵馬俑

阿修羅様の教えを聞く兵馬俑G

阿修羅様対リラックマ

阿修羅様対リラックマ

阿修羅様とチャカ

阿修羅様とチャカ

もうこのフィギュアは家宝ですな。

国宝 阿修羅展」で購入したこのTシャツ。

阿修羅Tシャツ

阿修羅様にお会いし、
煩悩を取り除いて頂いたお陰か
何の迷いもなく清々しい気分で購入。

デザインは完璧。
神々しいというか、
厳粛さを醸し出していて、
全てを超越したTシャツとなっている。

阿修羅Tシャツ

このTシャツ以外に売られていたTシャツは、
洒落たナンパなデザインが多く、
横文字が入ったりしていて、
「戦いの神」を冒涜したものしかなかった。

今年の夏はこのTシャツの阿修羅様と
一緒に過ごすことになりそうだ。

4月7日~9日の間、「国宝 阿修羅展」
通常開館時間終了後に
阿修羅ファンクラブ会員だけに開放される
内覧会が開催され、
今日早速、阿修羅様に会いに行ってきた。

会場の東京国立博物館が近づくにつれ
「国宝 阿修羅展」の看板が登場し
否が応でもテンションが上がってきてしまう。

「国宝 阿修羅展」の看板 「国宝 阿修羅展」の看板

そして展示会場の平成館の壁にも阿修羅様が!

「国宝 阿修羅展」の看板G

会場に入り、まず阿修羅ファンクラブ会員の証の
阿修羅ピンバッジをゲット。
これをスーツのフラワーホールに付け、
街を闊歩し、阿修羅ファンクラブ同士で
阿修羅話に華を咲かせる事が可能となった。

阿修羅ピンバッジ

展示は4章で構成されていて、
第1章「興福寺創建と中金堂鎮壇具」
第2章「国宝 阿修羅とその世界」
第3章「中金堂再建と仏像」
第4章「バーチャルリアルティ映像『よみがえる興福寺中金堂』『阿修羅像』」
となっており、
黒木瞳氏の音声ガイドで館内を案内してもらえる。

第1章「興福寺創建と中金堂鎮壇具」では
中金堂鎮壇の須弥壇中からの出土品が
展示されている。

第2章「国宝 阿修羅とその世界」では
八部衆像、十大弟子像の現存する14体が
一同に展示され、
ホールに14体が陳列されている景色は圧巻で、
昔見た兵馬俑よりも興奮してしまった。

ちなみにこの八部衆像、十大弟子像が
14体揃うのは4月19日までなので
興味のある方は急いだ方がいいようです。

そして次の部屋に移ると
メインの阿修羅像が待ち構えている。

奈良の興福寺ではガラスケースの中に入っているが、
今回の「国宝 阿修羅展」ではガラスケースに
遮られる事はなく、
何と阿修羅像の周りを360度見ることができ、
阿修羅様の背中も拝む事ができる。

阿修羅像はどれだけ見ていても飽きる事はなく、
1mに満たない距離から阿修羅様を正面から
直視することができ、
至福の時間を過ごす事ができた。

第3章「中金堂再建と仏像」では
運慶作の釈迦如来像頭部や
康慶作の薬王・薬上如来像、四天王立像が展示されている。

第4章では
2010年に創建1300年を迎える興福寺の
再現される中金堂の完成予定をCGで見せている。

最後にミスター阿修羅の高見沢俊彦が歌う
阿修羅ファンクラブ公式ソング
「愛の偶像(ラブ・アイドル)」が
流れる売店に到着。

愛の偶像(ラブ・アイドル) 愛の偶像(ラブ・アイドル)

阿修羅展の図録と
なぜか、せんとくんのピンバッジを購入して終了。

阿修羅展図録 せんとくんピンバッジ

6月7日まで開催されているので
もう1回は訪れたいと思っています。

実は私、「阿修羅ファンクラブ」に入会しています。

阿修羅ファンクラブとは、
全国の阿修羅好きによる阿修羅好きのためのファンクラブ。

会長:みうらじゅん
会長秘書:はな
ミスター阿修羅:高見沢俊彦
と、ネタにしては豪華な顔ぶれになっている。

この阿修羅ファンクラブは
3月31日から東京国立博物館で開催されている
国宝 阿修羅展」公認のファンクラブ。

ファンクラブの会員だけの特典として、
会員の証となる特製のバッジがもらえたり、
ファンクラブ特別鑑賞会と題して、
閉館後にファンクラブ会員だけが見学できる時間を設けたり、
音声ガイドのシークレットトラックを聞けたりと
かなり充実している。

ファンクラブ特別鑑賞会が4月7~9日にあるので、
ファンクラブ会員として参加する予定です。

国宝 阿修羅展チケット
1

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1