ゲームの最近のブログ記事

自分にクリスマスプレゼントとして、
「シャア専用ニンテンドー3DS プレミアムボックス」を購入しました。

シャア専用ニンテンドー3DS

「シャア専用ニンテンドー3DS」って、
シャア以外は使っちゃダメなような気がしますが、細かい事は気にしないようにします。

この「シャア専用ニンテンドー3DS」は、
SDガンダム ジージェネレーション 3D」の発売を記念して作られたようなので、
もちろん、このソフトも同梱されています。

シャア専用ニンテンドー3DS

肝心の「シャア専用ニンテンドー3DS」ですが、
当然の如く、赤い3DSにシャア(一年戦争)、クアトロ、シャア(逆襲のシャア)の
3人のシルエットがデザインされています。

シャア専用ニンテンドー3DS

背面も赤です。

シャア専用ニンテンドー3DS

画面は普通に販売されている3DSの赤と同じ感じです。

シャア専用ニンテンドー3DS

少し3DSをいじってみましたが、
流石に動きが3倍とまではいきませんが、技術の進歩は凄いですね。

ダウンロードプレイや、ARゲームなど驚きの連続ですよ。

ただ、3Dで画面を見ていると、
直ぐに気持ちが悪くなってしまう仕様はどうにかして欲しいものです。

あとは、少しだけプレイしてみた「SDガンダム ジージェネレーション 3D」が
かなり微妙だったので、直ぐに売っぱらって、「マリオカート」でも買おうと思います。

横山光輝先生の生まれ故郷の神戸で毎年開催されている
三国志祭も今年で四回目となり、10月2日、3日に開催される。

昨年の三国志祭に合わせて発売されたのが、
この「横山光輝三国志トランプ」だ。

横山光輝三国志トランプ

もちろん全てのカードに横山光輝先生が描いた
お馴染みの三国志に登場するキャラクターが登場し、
ハート・スペード・ダイヤ・クローバーの代わりに、
魏・呉・蜀・漢の四種類に分けられている。

横山光輝三国志トランプ

様々なキャラクターが描かれているのはファンにはたまらないけど、
トランプがプラスチックではなく、紙でできているため、
かなりチープな作りになっているのが残念なところだ。

このトランプで遊ぶことはないだろうけど、
コレクションとして保存したいと思います。

しかし、最近は百人一首花札やトランプと、
懐かしいものをよく買うようになったなあ。
歳相応ではないよね・・・。

あの名作「ファイナルファンタジー」と「ファイナルファンタジーⅡ」が
iPhoneのアプリとして今日、発売された。

価格は1,000円と他のアプリと比べると高額だが、
あの「FF」がiPhoneで遊べるのだから、自分は安いと感じた。

で、早速ダウンロードしました。

ファイナルファンタジー

RPGの最初の関門が名前を付けること。

ここで間違って愛着も何もない名前を付けてしまうと、
クリアまでの時間が辛いものになってしまうので、
慎重に慎重を重ね、命名しました。

1人目の名前は「きよはら」で職業は戦士。
2人目の名前は「くわた」で職業は白魔道士。
3人目の名前は「おちあい」で職業はモンク。
4人目の名前は「ガルベス」で職業は黒魔道士。

ファイナルファンタジー

「きよはら」の特技の「だんじり殺法」、
「くわた」の特技の「ピアノ演奏」、
「おちあい」の特技の「神主打法」と、
「ガルベス」の特技の「ボールで審判を狙う」、
それぞれの特技が大活躍しそうだ。

このメンバーなら何の問題もなく世界を救えそうな気がするし、
名球界にも入って、ジャケットが着れそうな気がする。

名前を付けるのに時間がかかってしまい、
数分しかプレイできなかったけど、
操作性はあまり良くなく、戦闘も少々手間だった。

でも、小学生の頃にバカみたいに熱中した「FF」がiPhoneで遊べるのだから、
つくづく技術の進歩は凄いなと実感しましたな。

10月下旬に「レイトン教授と魔神の笛」完成披露会の参加者を
募集しているのを発見し、参加者には特典として、
レイトン教授と魔神の笛」のゲームソフトがもらえるというので
それにつられてしまい応募。

応募の際に「レイトン教授検定」があって、
今までレイトン教授なんて、やたことがないので適当に答え応募したら、
何故か当選してしまいました。

レイトン教授からの招待状

ということで、今日の仕事帰りに東京国際フォーラムで開催された
「レイトン教授と魔神の笛」完成披露会に行ってきました。

開場は18:00だったけど、出遅れ18:30頃に開場に到着。
東京国際フォーラムの敷地の入口辺りにダフ屋がいるのに驚きつつ進むと、
奥には既に入場を待つ行列ができていました。

入場前の行列

10分くらい待たされて開場に入場すると3階席へ案内されたけど、
自分の10人前くらいで3階席が満杯に。

別の会場でサテライト通信の映像を見させられそうになったけど、
自分も含めた30人くらいが、1階の端の席に連れて行かれ、
幸運な事に3列目に座ることができ、しかも見やすい席で大満足となった。

ただ、会場限定で配信される「レイトン教授」の謎のダウンロードが
何回挑戦しても通信エラーとなってしまったのが残念だった。

この日のメインが「レイトン教授と魔神の笛」の声優によるトークショー。
レイトン教授役の大泉洋、ルーク役の堀北真希、
レミ役の相武紗季、デスコール役の渡部篤郎、ユラ役の南沢奈央の
計5名が登壇し、トークショーを行った。

3階席だったら小指の第一関節位にしか見えなかっただろうけど、
1階席の3列目だったので、折り畳み式の携帯を開いた位の大きさで見ることができた。

それぞれの俳優の印象です。

大泉洋はテレビで見るよりもスタイルが良く、
トークも面白く会場を大爆笑に包んでいた。

堀北真希は顔が小さく、色が白く、体が細く、
何よりも物凄く可愛かった。

相武紗季は普通に可愛かった。

渡部篤郎は久しぶりに見たせいか、劣化が激しかったけど、
トークが良い意味で的外れで面白かった。

南沢奈央は良く知らない人だけど、一人だけ衣装が浮いていた。

とにかく、堀北真希が凄く可愛かった。
本当に掘北真希が可愛かった。
↑今日はこれだけに尽きると思う。

「レイトン教授と魔神の笛」のテーマソングを歌う
安藤裕子さんのライブがあり、そして終了。

帰りに明日26日発売の「レイトン教授と魔神の笛」のゲームソフトと
お土産をもらって終了となりました。

レイトン教授と魔神の笛

お土産

会場にはレイトン教授とルークがいました。

レイトン教授とルーク

芸能人のトークショーあり、ライブあり、
参加者にゲームソフトのプレゼントありと、
本当に金がかかっているイベントだったと思います。

最後に堀北真希が可愛かった。

ドラゴンクエストIXが発売されてから、早1ヶ月以上。

この1ヶ月間の進捗状況は、
プレイ時間:5時間50分
レベル:13
武器:銅の剣
といった散々たるもので、世界はまだ救えていません。

まあ、購入後3日間しか、やらなかったからね。

そんな自分を、またドラクエをやろうという気にさせてくれたのが、
Yahoo!ニュースで見た、「ルイーダの酒場」の記事だった。

何でも秋葉原のヨドバシカメラに100人以上が
ドラクエを持って集まり、すれ違い通信をしていて、
その人が集まっている場所を、
ドラクエ内で有名な「ルイーダの酒場」と名付けたようだ。

すれちがい通信は、ドラクエをすれちがいモードにし、
その状態のまま、DSを持ち歩く事によって、
街中で同じ状態の人とすれちがうと
そのすれちがった人の分身が自分のドラクエ内に
お客として現れるというもの。

今日一日で、
自宅から新橋の職場までで3人、
新橋の職場から東京駅までで3人、
東京駅から熊谷駅間の新幹線内で3人、
熊谷駅から自宅までで3人の
計12人と通信する事ができた。

すれちがい通信

一度に3人としか通信できないのが面倒だけど、
これが凄く面白い。

多分、豚インフルエンザよりも
ドラクエのすれちがい通信の方が流行ってるんじゃないかな。
まさにパンデミック状態といったところだね。

ということで、今日から自分の鞄の中には、
DSがレギュラーメンバーとして加わる事になりました。

いつか、秋葉原のヨドバシカメラの「ルイーダの酒場」に
突入してみたいと思います。

※なぜか、ドラクエⅣでお馴染みのアリーナ姫もいました。

アリーナ姫

約5年ぶりに世界を救う旅に出発します!

ドラゴンクエストIX~星空の守り人~

逆転裁判」シリーズからのスピンオフシリーズとして
逆転検事」が発売された。

裁判員制度の開始時期に合わせて
発売したのが功を奏したのか、
職場近くのヤマダ電機ではいつも品切れ、
仕方なくAmazonでの購入となった。

流行に乗ってニンテンドーDSを購入してましまったが、
実際はあまり遊べるゲームがない中で、
この「逆転裁判」シリーズはパート4まで全て購入し、
どうにか最後までプレイできている。

逆転裁判」の1~3の主人公は
成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)、
4の主人公は王泥喜法介(おどろき ほうすけ)の
両弁護士だったけど、
今回の「逆転検事」では「逆転裁判」シリーズの
ライバル検事、御剣怜侍(みつるぎれいじ)が主人公となっている。

逆転裁判4」の王泥喜法介があまり人気がなかったから
「逆転裁判」が終わっちゃったのかと勘ぐってしまうが、
真相は如何に。

今後はこの「逆転検事」シリーズが続いていくのか、
それとも「逆転裁判5」が出るのかは分からないけど、
どちらにせよ、買ってしまうだろう。

しかし、最近のゲームは難しくなっているので、
ネットの攻略ページを見ないと全く先に進めない
ゲーム音痴になってしまったのがショックだった。

買ったはいいけど、まだプレイしていないので、
とりあえず、封を開けることから始めよう。

さて、来月はドラクエだ。

逆転検事

1987年にハドソンから発売された
10秒間に何回連射ができるかを測定するゲーム機。

当時は高橋名人の16連射が大流行していて、
高橋名人に憧れていた少年にとっては
マストアイテムとなっていた。

当時、小学生高学年だった自分は
このシュウォッチは買ってもらえなく、
同じクラスの赤澤君の家でやらせてもらったのを覚えている。

で、この間ビックカメラ有楽町店の
ゲームコーナーの安売りゾーンでまさかの再会。

少し前のYahoo!ニュースで
再販されるというのを目にしていたけど、
まさか安売りコーナーで再会するとは思ってもいなかった。

しかも定価が1,980円がセール価格で480円。
あまりの安さに即買いし、
約20年ぶりに欲しかった物を手に入れることができた。

シュウォッチ

実際に手にした感想は「ちゃちいな」。

連射にも挑戦してみたけど、
自分には連射の才能がないと気付き、
3回やって終了。

まあ、5分で飽きましたよ。

これも大人になった証拠かな。

はぁ~、赤澤君は元気かな?

任天堂のゲームを買うと貯まるポイントと
交換で様々なオリジナルグッズを貰えるサイト、
クラブニンテンドー」。

特にこれと言って欲しい物は無いんだけど、
9月末にほとんどのポイントが失効してしまうので、
じゃあ、任天堂といったら花札だろうということで、
この花札をゲットした。

クラブニンテンドー花札

ただ単に花札の絵柄にマリオのキャラクター達が
工夫されてデザインされているだけの
普通の花札。
ただで貰えなければ絶対に買わないよね、これ。

でも、最近は ジョジョの百人一首といい、
この花札といい、
日本の伝統文化に触れる機会が増えてきたな。
まあ、趣旨は若干違うんだけどね。
次はちんちろりんかな・・・。

クラブニンテンドー花札

凄い久しぶりに発売日にゲームを購入した。
購入したのは「リズム天国ゴールド」。

こんなことは「FINAL FANTASY 12」以来かな。

最近はニンテンドーDSも放置プレイ中だったので、
久しぶりに動かしてやろうという親心。

前作の「リズム天国」はGAMEBOYのソフトだったので購入を見送ったが、
ゲームセンターでリズム天国のゲームがあり、
結構楽しむ事ができたので、今回の発売を知り、
楽しみにしていた。

新橋のヤマダ電機で購入したのだが、
帰り際にポイントのスロットマシーンに挑戦したら、
ヤマダ電機の汚い蛙の化け物みたいなマスコットが3つ揃い、
500ポイントゲット!という嬉しい出来事が。

この事があまりに嬉しく、もうお腹いっぱい。

なので、まだゲームの封を開けてもいません。

リズム天国ゴールド
1

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1