ジョジョの奇妙な冒険の最近のブログ記事

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されている
「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」に行ってきました。

森アーツギャラリーは昨年「ドラゴンクエスト展」が開催されていましたね。

六本木駅から森アーツセンターギャラリーの入口に行くまでの間には、
ジョジョ展の告知が増えてきて、嫌が応にもテンションが上がっていきます。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展

ちなみに今日のチケットは全て完売となっていたので、
改めて荒木先生の人気の高さを伺うことができましたね。

当日券はありません

前売り券を当日券に引き換え、エレベーターで一気に52階まで上がります。

前売り券を購入した時点で入場時間が決まっていたので、
すんなりと入場できると思いきや、入場待ちの列が待ち構えていました。

ここで10分程並び、入場口に到着。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展

イギーのシルエットが描かれた注意書きもありました。

注意書き

場内の撮影は当然ながら禁止だったので、ここからはテキストで説明。

場内は基本的に一部毎にブースに分かれていて、
原画の展示とARの仕掛けなどがあり飽きさせない仕組みになっていましたが、
やはり入場者が多いので、ずーっと行列に並びつつ鑑賞するという状況でした。

一部のブースには中央に巨大な「ジョジョの奇妙な冒険」1巻が鎮座しており、
最初から驚かせてくれました。

二部のブースの入り口では柱の男が出迎えてくれ、
床にはデジタル映像でできた池があり、ここを踏むと波紋が起きるという演出。

三部では、承太郎とDioの等身大フィギュアをiPadを通して見ると、
頭上にスタープラチナとザ・ワールドが戦っているARが表示される仕掛けが。

四部では杜王町の全体図をこれまたiPadを通して見ると、
ARにて杜王町の名所を表示してくれる展示がありました。

五部では、等身大のブチャラティの横にスティッキィ・フィンガーズのジッパーがあり、
これを頑張ってくぐってみましたが、軽く首をつってしまいましたね。

六部は舞台が監獄ということもあり、
全てが原画が鉄格子の中に展示されているという洒落たものに。

七部では「スティール・ボール・ラン」のトロフィーが飾られていました。

八部の「ジョジョリオン」は、まだ連載が始まったばかりなので、
原画だけの展示になっていました。

各部毎にこの原画展のために荒木先生が書き下ろした原画が飾ってあって、
連載時とはかなり変わった印象のツェペリさんやリサリサの姿があったり、
ブチャラティチームが新幹線のはやぶさと一緒に描かれていたりして、
これには「おおっ」と驚きつつ、嬉しくなりましたね。

展示を全て見終わった後には、もう一つのメインであるグッズ売り場に移動。

荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展グッズ売り場

ただ、欲しかったTシャツなどはほとんど売り切れていたので、
グッズを買いまくってやろうと思っていただけに残念な思いをすることとなりました。

荒木先生の原画集。

荒木先生の原画集

勝手も使わないと分かっているのに購入したクリアファイル。

クリアファイル

徐倫とブチャラティが夢の共演をしているクリアファイル。

クリアファイル

荒木先生が原画展のために書き下ろした10枚のデザインが描かれたポストカード。

ポストカード

他にも原画展のメインビジュアルのポスターも購入しました。

グッズショップでは自分の会計しているレジの隣では、
3万円とか4万円とかの金額を普通に使っている人が多数いたのには驚かされ、
「自分もまだまだだな」と思いを新たにすることとなりました。

会場の時の流れがおかしかったのか、気がつけば入場してから会場を後にするまでに
3時間以上も経過しているという驚くべき事態となっていましたが、
それだけ展示が充実していたということだと思います。

かなり堪能した「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」でしたが、
もう一度行って、今日とは違う角度から展示を見てみたいと思っています。

そして、まだ行っていない人は絶対に行った方がいいと、強くお勧めします。

待ちに待った「ジョジョリオン2巻」が発売となりました。

1巻を読んでも全く意味が分からない展開だったので、
かなり戸惑っていたのですが、これは2巻になっても変わらなかったですね。

ただ、吉良吉影や東方定助などの名前が出るとワクワクしますし、
「ジョジョリオン」の舞台となる世界が、
スティール・ボール・ラン」と同じということも判明したので、
今後の展開に期待をしたいと思います。

もの凄い展開のオンパレードですが、
定助が記憶を取り戻すという目的が明確になってきたので、
自分的にはかなり楽しめるようにはなってきましたね。

3巻の発売は秋頃のようなので、今から気長に待ちたいと思います。

ジョジョリオン2巻

まさか、あのカーズが我が家にやって来ることになるとは思いませんでした。

発売前から話題沸騰だった「カーズの考えるのをやめた文鎮」です。

カーズの考えるのをやめた文鎮

箱の裏には丁寧にカーズの説明が書かれています。

カーズの考えるのをやめた文鎮

「カーズは2度と地球へは戻れなかった・・・。
鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に宇宙空間をさまようのだ。
そして死にたいと思っても死ねないので
そのうちカーズは考えるのをやめた」

さあ、カーズをじっくり見ていきましょう。

正面。

カーズの考えるのをやめた文鎮

左側面。

カーズの考えるのをやめた文鎮

背面。

カーズの考えるのをやめた文鎮

右側面。

カーズの考えるのをやめた文鎮

美しいです。

内部に磁石が入っているため、クリップなどが吸い尽く仕様も素晴しいです。

しかし、問題なのがこのカーズをどこで使うかということ。

職場の机の上に置いた時のシュミレーションを頭の中でしてみました。

女性職員:「これ何ですか?」

自分:「ああ、これはね、『ジョジョの奇妙な冒険 第二部 戦闘潮流』に登場した
柱の男の一人のカーズといってね、『エイジャの赤石』の力を利用して究極生命体になり、
ジョースター達を追い詰めたけど、ヴォルガノ島の火山の噴火に巻き込まれ、
宇宙まで吹き飛ばされ、地球に戻れなくなってしまい、
そこで考える事をやめてしまった時のカーズをモチーフにした文鎮なんだよ。
ちなみに、この戦いがあったのが今日、2月28日なんだよね」

という長い説明をするのが物凄く面倒だし、
どんなに頑張って説明したところで、絶対に理解はしてくれないだろうし、
そもそも「ゆとり」だから話のキャッチボールができないし、
というネガティブファクターしか思い浮かばないので、
職場で使うのは、しばらく考える事にします。

しかし、見れば見るほど素晴しい出来なので、
もう一つくらい買ってもいいかもと思っている自分がいます。

先月の
一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース~BLACK SIDE~
に続き、2ヶ月連続での一番くじとなった、
「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 アニバーサリーズ」に挑戦しました。

今回はアニバーサリーズという事もあってなのか、
本屋でしか展開されていなかったので、開催している店が少なく、
どうにか上野駅のブックエキスプレスでくじを引く事ができました。

前回のトト神のノートに精神をやられてしまっていたので、
実はあまり乗り気ではなかったのですが、それでも、くじを引く直前には
「フィギュアが当たったら持って帰るのが大変だな」と心配をしていたものです。

1回600円のくじに2回チャレンジ。

結果は一番下のJ賞が2つ当たりました・・・。

J賞

中身は「キラークイーン」と、

キラークイーン

「メイド・イン・ヘブン」でした。

メイド・イン・ヘブン

そして、ジョジョのしおりをもらいました。

ジョジョのしおり

はっきり言って、今回も惨敗です。

このまま「一番くじ」からは足を洗おうと真剣に考えています。

「スティール・ボール・ラン」完結から6ヶ月。

ジョジョの奇妙な冒険第8部「ジョジョリオン」の単行本が遂に発売となりました。

早速、読みましたが、のっけから意味不明、理解不能のオンパレード。

物語の舞台は4部と同じく杜王町だけど、
まあ、パラレルワールド化しているので繋がりはないと荒木先生は書いていますが、
首に星型の痣があったり、
「吉良吉影」という刺激的な名前が登場したりとゾクゾクする展開です。

それにしても「タマが4つ」なんて・・・。

1巻を読んだだけでは全く意味が分からないので、続巻を待ちたいと思います。

ジョジョリオン1巻

毎年恒例になっている「ジョジョの奇妙な冒険」の「和」が楽しめるゲーム。

今年は2年ぶりに「花札」がリリースされ、
「ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~」というタイトルの通り、
「石仮面」にフォーカスを当てた商品となっていました。

毎年6月頃に予約をし、11月頃に届くので、
荷物が届いた時には「何コレ?」という状況になるのですが、
そういう人が多いためなのか、ご丁寧にタンボールに商品名が書かれているので、
「ああ、ジョジョね」と直ぐに理解する事ができます。

今回の「ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~」を開封したところ、
箱の左隅に主役の花札が収まっているのですが、
右のスペースを大きく使っている「何か」があるんですよ。

ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~

予約が開始した瞬間に、気が付いたら注文は完了していたので、
正直、花札以外に同梱されている物なんて覚えていないので、
箱の右側にある「何か」を、恐る恐る開封してみました。

発砲スチロールの中に楕円形の物体が2つあり、

ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~

これを出して組み合わせてみたところ、無事「石仮面」になりました。

ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~

この石仮面、石膏で出来ているので、かなりの重量感があり、
質感も完全に「石」です。

ちなみにコチラが本来の主役の「花札」。

ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~

これが「石仮面」の中に、スポっと収納できるデザインになっていました。

ジョジョの奇妙な花闘~石仮面~

うん、バカですね。

で、この「和」なジョジョのゲームシリーズなのですが、
昨年の「ジョジョの奇妙な百人一首 世界」から趣旨が変わってきたように感じます。

昨年は百人一首には「ジャイロの鉄球」が付いていたし、
今年は2年前の花札には付いていた「花札の役の説明書」はなくなり、
まさかの「石仮面」が、ほぼメインの扱いで登場するとは・・・。

来年の付属品の展開が今から恐くもあり、楽しみでもあります。

ここまできたら、とことん「バカ路線」で突っ走ってもらいたいものです。

2007年の12月から始まったこの企画。
さすがに5年経過すると、年末が近づいてきている事を知らせてくれる、
自分の生活にかかせない「モノ」になってきています(嘘)。

10月中旬くらいからファミリーマートを中心に展開されていた
「一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース~BLACK SIDE~」に
果敢にチャレンジしていました。

今回の目玉はA賞の「DIO様」とB賞の「ザ・ワールド」。

ジョジョの一番くじも昔に比べると引きやすくなったので、
今回は気合を入れ、1回500円のくじを10回引いたわけですよ。

結果は惨敗。

戦利品は、

E賞の「トト神ノート」×3

E賞の「トト神ノート」

G賞の「デザインストラップ」×3

G賞の「デザインストラップ」

H賞の「グラス」×4

H賞の「グラス」

要するにハズレばかりです。

本当ならA賞かB賞が当たるまで引き続けてやろうかと思ったのですが、
新橋のTSUTAYAで2回引いたら、2つともE賞の「トト神ノート」という現実を受け、
なぜか「もう、やめよう」と悟ってしまい撤退しました。

「DIO様」と「ザ・ワールド」はオークションで購入しようと思いますし、
12月には次のジョジョの一番くじがあるので、運はそちらで使おうと思っています。

それまでは「トト神ノート」という名の予言の書に、
自分に都合が良い事を色々と書き込んでいようと思います。

「ジョジョの奇妙な冒険」でお馴染みの
荒木飛呂彦先生がこよなく愛し、さらに多大な影響を受けたホラー映画を
「偏愛的ホラー映画100選」として独自の視点で解説している
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」を読みました。

自分もホラー映画は結構観ている方なので、
どんな映画が出てくるのだろうかと興味津々でしたが、
100作品の内、観た事がある映画、名前だけ知っている映画、全く知らない映画が
それぞれ1/3ずつあり、改めて荒木先生の造詣の深さを思い知らされました。

まず、「まえがき」で紹介されている映画が「プレシャス」という時点で、
「何で?」と、意表を突かれ、グイグイ惹き込まれていきました。

その他にも章のタイトルで、「田舎に行ったら襲われた」系ホラーという
秀逸なタイトルが出てきたりと、真正面からホラー映画を捉えないで、
色々な角度から時には真剣に、時には面白く解説しているのが新鮮でしたね。

荒木先生が選ぶホラー映画ベスト20の中に、
アイ・アム・レジェンド」や「ナインスゲート」がありましたが、
自分は微妙に思う作品だったので、これは意外でした。

あと文中で「ドーン・オブ・ザ・デッド」に触れていなかった事、
スクリーム2」と「スクリーム3」も絶賛していた事、
さらに「ファイナル・デスティネーション」もホラー扱いしていた事など、
挙げればキリがありませんが、とにかく最後まで映画好きには楽しめる内容でした。

もっと深く掘り下げた内容での続編を期待しています。

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

岸辺露伴 ルーブルへ行く」に続き、
岸辺露伴を主人公にした読み切り作品の「岸辺露伴 グッチへ行く」が
女性誌の「SPUR」に付録として付いていたので、
本屋でオッサンが女性誌を買うという辱めを受けながら購入してきました。

岸辺露伴 グッチへ行く

今回の「岸辺露伴 グッチへ行く」は、
付録という事もあり、16ページという短いもの。

ストーリーは
祖母のグッチのバッグを修理するため、
フィレンツェ郊外のグッチの工房を訪れるが・・・。

まあ、「岸辺露伴 ルーブルへ行く」に比べると、
「う~ん」てな感じでしたよね。

今回の試みはグッチ創設90周年と、
荒木飛呂彦先生の執筆30周年を記念したもので、
9月17日にリニューアルオープンする「グッチ新宿」にて、
「岸辺露伴 グッチへ行く」の原画展が行われるようです。

ちなみに「SPUR」の表紙も荒木先生の書き下ろしとなっています。

SPUR10月号

それにしても、女性誌というのは広告が多すぎるね・・・。

「スティール・ボール・ラン」遂に完結。

二週間前の「スティール・ボール・ラン23巻」、
先週の「岸辺露伴 ルーブルに行く」に続き、
3週連続の刊行となった「スティール・ボール・ラン24巻」。

ジョニーとDIOの戦いも決着し、レースも無事?終了。

ラストは「これで第1部に続く流れになるのかな?」
と思いながら読んでいたらまさかの結末。

まあ、荒木先生らしい現実的な結末でしたね。

約7年に渡り続いた「スティール・ボール・ラン」も終了ですが、
既にウルトラジャンプにて「ジョジョリオン」の連載がスタートしています。

今後は「ジョジョリオン」を楽しみにしたいと思います。

スティール・ボール・ラン24巻
1  2  3  4

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1