NIKEの最近のブログ記事

昨年末に「AIR JORDAN 11」を購入した影響なのか、
久しぶりにスニーカー熱が甦ってしまい、
続けざまに「AIR JORDAN 3」の黒も購入していました。

今までに何度か復刻はされているけれど、
2000年頃に復刻された際に一度だけ購入し、直ぐに手放してしまったので、
不思議とこの「AIR JORDAN 3」とは縁がないんですよね。

「AIR JORDAN 3」というと、まず最初にあげられる特徴がセメント柄。

オリジナルがリリースされた時にはセメント柄は取り上げられていなかったけれど、
2000年頃に復刻された時には、このセメント柄は大ブームになったと記憶しています。

あと個人的なことになるのですが、
WWE社長のビンス・マクマホンの息子のシェイン・マクマホンが
この「AIR JORDAN 3」を履いてリングに上がっていたのがとても印象的で、
「AIR JORDAN 3」=シェインの靴という間違った情報もインプットされています。

つま先のセメント柄と黒の革のバランスが最高です。

AIR JORDAN 3 RETRO 黒

黒、灰の配色、そして差し色の赤が絶妙です。

AIR JORDAN 3 RETRO 黒

オリジナルのヒールはナイキのロゴですが、
復刻版は残念ながらジャンプマンになっています。

AIR JORDAN 3 RETRO 黒

ソールも凝ったデザインになっています。

AIR JORDAN 3 RETRO 黒

箱も今回の「AIR JORDAN 3」は、今までのジョーダンシリーズとは違い、
オリジナルに近い箱になっていました。

AIR JORDAN 3 RETRO 黒

ここにもセメント柄が使われています。

aj3f.jpg

履き心地も良く、デザインも良い。
まさに名作に相応しいバッシュだと思います。

年末から正月にかけて、
「AIR JORDAN 11 黒赤」、「AIR JORDAN 3 黒」、「AIR JORDAN 1 白赤黒」と
立て続けに復刻したのですが、「AIR JORDAN 1 白赤黒」の販売店が少な過ぎて、
購入するのが面倒になり、そのお陰で一気にスニーカー熱も冷めてしまいました。

来週の16日には「AIR JORDAN 1 黒青」が久しぶりに復刻するようですが、
こいつも簡単には買えなさそうだし、さらに前回の復刻版を持っているので、
スルーしようと思っています。

12月22日に発売となった「AIR JORDAN 11 RETRO」の黒赤が
地元のオーソリティーに寄ったら、たまたまマイサイズが残っていたので、
自分へのクリスマスプレゼントとして購入しました。

「AIR JORDAN 11」は個人的に思い入れの強いスニーカーで、
手に入れたり、手放したりと、出入りが激しいスニーカーでもあります。

オリジナルは1995年に発売され、当時は「AIR MAX 95」の影響もあり、
スニーカーブームのため、店頭では見かけることすら難しかったと記憶しています。

そんな「AIR JORDAN 11」ですが、
自分はファーストカラーの白黒とローカットの白灰、
そして2000年にリリースされた「SPACE JAM」カラーの黒青の3足を購入しましたが、
最初の2足は金欠の際に手放してしまい、今手元に残っているのは、
現在バッシュとして履いている「SPACE JAM」カラーのみとなっています。

オリジナルが発売された時には買うことができなかった「AIR JORDAN 11」黒赤を
2001年以来、久しぶりに復刻された今回にようやく購入することとなりました。

まず箱を開けると「Ⅺ」というクリアカバーが表れます。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

そして「AIR JORDAN 11」黒赤の登場。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

つま先のエナメル素材が特徴ですね。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

ヒールには「23」とジャンプマンマーク。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

シューレスの間には「JUMPMAN JORDAN」という記載があります。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

ソールはクリア素材を使用し、まるで恐竜の足の裏のうようになっています。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

昔に比べると定価が高くなり、ナイキの中では高級靴になっているためか、
ジャンプマンマークが記されたシューキーパーが付いてきました。

AIR JORDAN 11 RETRO 黒赤

それにしても改めて見る「AIR JORDAN 11」はカッコいいですね。

エナメルとメッシュを使ったデザインはオリジナルが発売された当時も秀逸でしたが、
発売されてから17年経った今でも輝きは失われていないですね。

ちなみに「AIR JORDAN 11」は履き心地は物凄くいいのですが、
エナメルを使用しているため、物凄く蒸れるのが難点なのです。

個人的には「AIR JORDAN」シリーズは「11」で一区切りとなり(8と9も微妙だけど)、
「12」以降はあまり思い入れがないんですよね。

そのため今後も「AIR JORDAN」シリーズが復刻されても、
オリジナルカラーの「1」〜「11」しか購入しないと思います。

ここからは「SPACE JAM」モデルとの比較。

SPACE JAM」とはマイケル・ジョーダンとバックス・バニーが共演した
日本では1997年に公開された映画のことです。

この映画の中でジョーダンが履いていたのが「AIR JORDAN 11」の黒青だったので、
通称「SPACE JAM」カラーと呼ばれるようになった次第です。

ちなみに、この「SPACE JAM」という映画ですが、
物凄くつまらないので、ご鑑賞の際は注意が必要です。

左が「SPACE JAM」、右が黒赤ですが、見た目はほとんど変わらないですね。

AJ11の比較

ヒールのジャンプマンマークが青と赤の違いがあります。

AJ11の比較

シューレスの間の文字は、「JUMPMAN JAM」と「JUMPMAN JORDAN」と違います。

AJ11の比較

ソールも青と赤の色使いで分かれています。

AJ11の比較

昨年から今年にかけて一通り「AIR JORDAN 11」は復刻された印象があるので、
これでまたしばらくはお目にかかることはないのかと思っています。

今回、「AIR JORDAN 11」黒赤を購入したら、
物欲を刺激されてしまい、「AIR JORDAN 11」黒赤のローカットも欲しくなったので、
ネットで安く売っていたらゲットしたいところです。

これで今年のスニーカーは最後かな・・・。

※過去の記憶は曖昧な部分もあるので、間違っていても私は知りません。

2008年以来となるナイキと浦和レッズのスニーカーのコラボが
約4年ぶりに復活し、今回は「TENNIS CLASSIC」が選ばれました。

もちろん色は赤がメイン。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

スウォッシュは黒で、ソールは白。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

差し色はゴールドが使われています。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

そして今回のコラボの目玉となるのがこの刺繍。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

「2う」と縫われていますが、意味不明ですよね。

前回の「AIR MAX 1」とのコラボでも浦和名物の「うなぎ」が押されていましたが、
今回は浦和レッズ20周年ということもあり「20」の「0」を
うなぎの「う」に変更することによって、完全に意味不明になっていました。

タンのナイキのロゴの部分も金色です。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

インソールには分かり辛いですが、
赤地に薄らと菱形の模様が浮いているのが確認できます。

TENNIS CLASSIC AC QS URAWA

替え紐として黒の紐が付いていました。

できることなら、このスニーカーのコラボは続けて欲しいのですが、
次からは「うなぎ」とは決別してもらい、
分かり易く「浦和レッズのエンブレム」を使用してもらいたいと思います。

ちょうど12年前のアメリカ大統領選挙のフロリダ州の開票作業で、
ブッシュとゴアのどちらが勝利したかで揉めに揉めている日に
確か日本で「AIR JORDAN 6」オリンピックモデルが発売したと記憶しています。

そして、その日の夜に地元のスポーツオーソリティーに買いに行ったけれど、
自分のサイズだけ完売していて購入できなかった苦い思い出がある靴でもあります。

この「AIR JORDAN 6」オリンピックモデルは、
2000年のシドニーオリンピックでレイ・アレンが
金メダルを獲得した際に履いていたシューズとして有名ですね。

自分はレイ・アレンはそれほど好きな選手ではなかったけれど、
スパイク・リー監督作の「ラストゲーム」に出演していたり、
ボストンでビッグ3を形成し、念願のチャンピオンリングを獲得したり、
今シーズンからはマイアミに禁断の移籍をしたりしていますが、
NBA史上、最も3ポイントシュートの成功数が多い素晴らしい選手であります。

で、こんな思い出のある「AIR JORDAN 6」オリンピックモデルが、
今年のロンドンオリンピックに合わせてなのか、
なぜか復刻していたので、12年越しで購入する次第となりました。

白と紺をベースに指し色に赤を使った星条旗のトリコロールカラー。

AIR JORDAN 6 RETRO OLYMPIC

至ってシンプルで、「AIR JORDAN 6」の名作、カーマインの配色と似ています。

AIR JORDAN 6 RETRO OLYMPIC

ヒールはオリジナルのAJ6にはNIKEのロゴが入っているのですが、
このオリンピックモデルのヒールにはジャンプマンロゴが入っています。

AIR JORDAN 6 RETRO OLYMPIC

ソールもトリコロールカラーと徹底しています。

AIR JORDAN 6 RETRO OLYMPIC

タンに穴が空いているのとジャンプマンもAJ6の特徴の一つですよね。

AIR JORDAN 6 RETRO OLYMPIC

多分、オリンピックモデルでなければ特に惹かれないカラーですが、
4年に一度、オリンピックではなくアメリカ大統領選挙の開票日になると
思い出してしまうという不思議な位置付けの「AIR JORDAN 6」なのです。

という事で今日、アメリカ大統領選挙のニュースを見て思い出し、
急いでこの記事を書いたのであります。

オバマ氏、再選しましたね。

以上。

※ほとんどの過去の思い出は自分の中で勝手に美化されてしまっているので、
発売時期等、もしかしたら間違っているかもしれません。

1992年のバルセロナオリンピックで結成された、
アメリカ代表男子バスケットボールチーム、通称「ドリームチーム」が
当時高校生だった自分に強烈過ぎるインパクトを残してくれました。

ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バード、バークレー、ユーイング、
ロビンソン(提督)、ピッペン、ドレクスラー、マリン、ストックトン、マローン、他。

この錚々たる顔ぶれは圧巻でしたね(レイトナーは除く)。

当時はバスケをしていたという事もあり、バッシュにハマっていたので、
誰が何を履くのかにかなり注目した覚えがあります。

マジック・ジョンソンとラリー・バードの二人はもちろん「CONVERSE」だけど、
ジョーダンやバークレーを含む他はほとんどが「NIKE」で、
少数派でマローンが「LAギア」、ユーイングが「EWING」、
ドレクスラーが「AVIA」(AVIAのバッシュは履いていました)といった感じでしたね。

その中でも一番の人気だったのが、
もちろんジョーダンが履いていた「AIR JORDAN 7」のオリンピックモデル。

当時はあまりの人気で店頭に並んでいる姿すら見ることなく、
あっという間に売り切れていたと記憶しています。

ええ、もちろん買えませんでしたよ。

その後、2004年のアテネオリンピックの時に満を持して復刻されたけれど、
この時も大人気で直ぐに完売になってしまったんですよね。

ええ、この時も買えませんでしたよ。

「AIR JORDAN 7」のオリンピックモデルとは縁がないと思い、存在を忘れていたら
今年のロンドンオリンピックに合わせてNIKEが「オリンピックパック」がリリースし、
その中に「AIR JORDAN 7」のオリンピックモデルがあり、
なぜか今回はあまり人気がなかったようで、簡単に購入することができました。

20年越しで購入となった「AIR JORDAN 7」のオリンピックモデルさん。

AIR JORDAN 7 RETRO OLYMPIC

アッパーに白と銀を使い、タンは紺、指し色に赤を使っているセンスは最高です。

AIR JORDAN 7 RETRO OLYMPIC

ヒールにはジョーダンがドリームチームで付けた背番号「9」がナンバリング。

AIR JORDAN 7 RETRO OLYMPIC

ソールは、赤、白、紺の星条旗のトリコロールカラーで派手目です。

AIR JORDAN 7 RETRO OLYMPIC

インソールは赤地に白のジャンプマンが入っています。

AIR JORDAN 7 RETRO OLYMPIC

月並みな感想になりますが、やっぱりカッコいいバッシュですよ。

オリンピックモデルではない「AIR JORDAN 7」はヌバック素材の印象が強いのですが、
レザー素材が上品な感じがして、とても良いですね。

そしてハラチシステムが履き心地を最高にしてくれています。

全然関係ない話ですが、
自分がナイキの技術で感動したのは、ハラチシステムとズームエアです。

最近のJORDANシリーズは奇抜な色のリリースが続いていますが、
オリジナルカラーに勝るモノはないと思うので、
もう少し大事に復刻の戦略を練ってリリースして欲しいと思います。

やっぱり名作は何年経っても色褪せないですね。

※ほとんどの過去の思い出は自分の中で勝手に美化されてしまっているので、
間違っているかもしれません。

久しぶりに「AIR FORCE 1」を買いました。

名前に「PREMIUM」と付いているだけあって、
素材が厚手のデニム地となっているモデルです。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

ちょっとスウォッシュのデザインが納得いかないのですが、

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

ヒールのデザインも特別なものになっています。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

1972年にリリースに初めてリリースされた
「AIR FORCE 1」の記念モデルでもあるようなので、
「OREGON」と「1972」がデザインされた革製のタグがぶらさがっています。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

紐もデニムのインディゴカラーに染められていました。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

インソールのデザインも左右で違うものになっています。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

久しぶりの「AIR FORCE 1」だったのですが、
最近はこういうデザインの箱になったのですね。

AIR FORCE 1 LOW PREMIUM デニム

最近はVANSばかり履いているせいもあって、
久しぶりに買ってみた「AIR FORCE 1」は非常に重かったですね。

さらにデニム地のスニーカーって、
過去にも「メディコムのDUNK SB」や「GALAXYデニム」の表地と裏地モデルや
デニム素材の「ALLSTAR」など、いくつか購入したけれど、
どれも結局は手放しているんだよね・・・。

果たしてこのモデルはどうなる事やら。

2001年に「AIR JORDAN 1 RETRO 黒赤」に続き、
「2001 ADDITION」として待望の復刻となったのが
この「AIR JORDAN 1 RETRO 黒青」。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒青

やっぱり、この配色は最高にカッコいいです。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒青

横幅は細いです。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒青

「AIR JORDAN 1 RETRO 黒青」は、
1984年に発売された「AIR JORDAN 1」の中でも日本では未発売のカラーで、
オリジナルは中古でもあっても、かなりの高値で取引され、
今までに何度も復刻の噂が出ては消えるという事が繰り返され、
やっと21世紀になり復刻なったモデルだった。

このような背景もあり、復刻が決まってからは凄い注目度で、
「AIR JORDAN 1 RETRO 黒赤」は比較的簡単に買えたけど、
さすがに「AIR JORDAN 1 RETRO 黒青」は無理だろうとの事で、
当時、アトランタに留学していた兄に頼ることにしました。

結果としては兄の住んでいた所が田舎だったという事もあり、
何の問題もなく、あっさりと購入できました。

購入してくれた兄を久しぶりに尊敬したのですが、
アトランタから埼玉までの発送方法に非常に問題がありました。

スニーカーが好きな人間にとって、箱は非常に大切な物なのですが、
兄はスニーカーに全く興味がないので、
↓こんな形での発送方法を選んでしまいました。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒青の箱

普通、国際便で発送する時はダンボールとかに入れるでしょう。
確かに梱包するサイズが小さい方が送料は安くなるけど、
スニーカーの箱をガムテープで補強して、そのまま発送って・・・。
非常に驚きました。

本当なら素直に「ありがとう」と兄にお礼を言いたかったのですが、
この惨状を目の当たりにしてしまうと、
逆に「ふざけるな」という気持ちが沸いてきてしまい、
何と表現したら良いのか分からない微妙な気持ちになってしまいました。

要するに一勝一敗という事なんだと思います。

こんな事もあり、「AIR JORDAN 1 RETRO 黒青」は
自分にとって2つの意味で忘れられないスニーカーとなっています。

1984年にマイケル・ジョーダンのNBAデビューと共に
登場したのが、彼の名前を冠した「AIR JORDAN 1」。

今では信じられない事だけど、当時のNBAでは
テニスのウィンブルドンのウェアのように、
白がメイン(大部分)のシューズしか認められておらず、
白黒赤のカラーリングの「AIR JORDAN 1」を試合で履き続ける為に
毎試合、罰金を払っていたというのは有名な話だ。

このお陰かは分からないが、
「AIR JORDAN 1」を履いたジョーダンは見事、新人王を獲得した。

1985年にオリジナルが発売されたが、
嘘か本当か、その当時は全く人気がなく、
地元のスポーツショップでもワゴンセールになり
破格の値段で売られていたという噂を聞いたりもした。

その後、「AIR JORDAN」の人気が爆発し、
過去のモデルが高値で取引されるようになり、
満を持して1994年に「AIR JORDAN 1」が初めて復刻された。
※この時、復刻されたのは白黒赤と黒赤の2カラー。

待望の復刻だったにも関わらず、
自分の記憶では、それ程、爆発的な人気にもならず、
トマホークチョップで定価以下で売っていたのを今でも覚えている。

でも、買おう買おうと思っていたら
いつの間にか市場から姿を消してしまい、
購入する事はできなかったモデルだった。

そして2001年に2回目の復刻がされ、
前回の1994年い復刻された黒赤と、初めて復刻された黒青の2カラーと、
微妙な新しいカラーが、「2001 ADDITION」として発売された。

で、この復刻時にやっと「AIR JORDAN 1」を購入する事ができた。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒赤

若干、オリジナルとは違う部分があるけど、
このモデルが手に入ったので満足しています。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒赤

ただ、一つだけ難点があるとしたら、
横幅が物凄く細いということでしょうか。

AIR JORDAN 1 RETRO 黒赤

ここ最近は、「AIR JORDAN 1」の復刻も乱発されていますが、
・オリジナルのカラー
・オリジナルの素材
・オリジナルの型
で、ちゃんと復刻してもらいたいものです。

中学生1年生の時にバスケ部員全員で
アディダスのユーイングモデルの白のアティチュードを一括購入し、
2年間、白のアディダスを履き続けていた。

そして3年生になり、好きな色、メーカーのバッシュを履けるという権利をゲットし、
皆、どのバッシュを買おうかと悩んでいた時に、
副部長だった小田ちゃんが先陣を切って買ってきたのが、
黒の斬新なデザインの「AIR JORDAN 5」だった。

当時、部活では白いバッシュが主流だったので、
この黒いバッシュは新鮮で、カッコよく、
さらに、NBAでシカゴブルズが初優勝し、
MVPに輝いたマイケル・ジョーダン人気が爆発したこともあり、
田舎のバスケ部で一気に「AIR JORDAN」ブームが巻き起こった。

ただ「AIR JORDAN 5」はアメリカでは発売当時に
この靴を巡って殺人が起きたというニュースがある位、人気があったので、
田舎のスポーツショップに足繁く通ってもそう簡単に買えるはずもなく
わざわざアメ横にまで探しに行ってもサイズ欠け等で
案の定、手に入れることはできなかった。

こんな苦労をしても手に入らなかった「AIR JORDAN 5」は、
自分がスニーカーに初めて興味を持った靴でもあり、
そして憧れの靴でもあった。

で、この「AIR JORDAN 5」が遂に2000年に復刻され、
約10年越しの夢が叶い「AIR JORDAN 5」を購入する事ができた。

AIR JORDAN 5 黒

タンがフラッシュに反応して光ってます。

AIR JORDAN 5 黒

初期のJORDANにある、ヒールのNIKEのロゴが、いい味を出していて好きです。

AIR JORDAN 5 黒

が、この2000年当時はスニーカーバブルも弾け、
特にナイキのスニーカーは投売り状態になり、
「AIR JORDAN 5」も例外ではなく、
並行輸入で多数の「AIR JORDAN 5」が仕入れられ、
完全に供給が需要を上回ってしまい、
8,000円程で近場のオリンピックで売られていて、
無事購入はできたけど、正直うれしいのか、
残念なのかよくわからない複雑な気持ちだった。

さすがにナイキを代表するJORDANブランドがこの有様なのがまずかったのか、
この後、日本国内ではJORDANブランドの流通量が極端に少なくなり、
かつ、限られた店(特にバスケに強い店)でしか扱われなくなってしまった。

8,000円で購入した「AIR JORDAN 5」だけど、
復刻にしてはオリジナルに近い出来栄えなので、気に入ってます。

いつかバスケをやる時に履こう履こうと思っていたけど、
やっぱり勿体無くて履けずに、
いつの間にやらバスケもやらなくなってしまったので、
今後履く事はなく、観賞用になりそうです。

最近のJORDANシリーズは変な形でバージョンアップしたような復刻が続いているけど、
できることならオリジナルに忠実なモデル、カラーでの復刻を切に望みます。

久しぶりに靴のネタです。

昨年の10月に復刻されたAIR MAGMAは、
90年代のACGカテゴリーが登場する直前にリリースされた
ACGのルーツともなったスニーカーだ。

AIR MAGMA 2.4 黒紫

去年に引き続き、今年も復刻され、
今では10色以上のカラーバリエーションがリリースされた。

このAIR MAGMAは2番目に復刻された黒紫。
最初に復刻されたベージュは大人気で、
発売と同時に定価を大幅に上回る金額で取引されていたので、
手が出なかったけど、この黒紫は一転して不人気モデルとなり、
定価を下回る値段で簡単に購入することができるモデルだった。

AIR MAGMA 2.4 黒紫

が、最近になって各店の在庫がなくなってきたのか、
安かった価格が定価位まで戻ってしまい、
慌ててオークションで落札し、ゲットとなった。

本当は夏頃に一度ネット通販で購入したけど、
その店が在庫管理もできない、どーしようもない店で、
注文がキャンセルされてしまった。

今回、ネット通販で注文した時よりもワンサイズ上を購入した所、
これが大正解でサイズがピッタリだったので、
ネット通販で購入できなくて結果オーライとなった。

ほぼ黒青に近い、黒紫のこのカラーリングが、
自分は気に入っているので、購入できて大満足です。

この靴の購入がきっかけで再びスニーカーブームが甦ってしまったので
今後も何足かいっちゃいそうです。

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Movable Type 4.1