PUMAの最近のブログ記事

1995年頃のハイテクスニーカーブームを牽引していたのが、
ナイキの「AIR MAX95」、リーボックの「PUMP FURY」、
そしてプーマの「DISC BLAZE」の3モデルだった。

当時の自分は完全にナイキ派だったので、PUMAとは縁がありませんでしたが、
友達が履いていた事と、スニーカーが特集されている雑誌で、
アルタ内にあるスニーカー屋の太った人が「DISC BLAZE」を押していたのが印象的で、
気にはなっていたスニーカーでした。

その後も何度か復刻という形でリリースはされているのですが、
なぜか、常軌を逸したカラーリングばかりでスルーせざるをえなかったんですよね。

そして時は流れ、今シーズンのビームスのカタログを見ていて、
唯一、心に引っかかったのがビームス別注となる「DISC BLAZE」だったわけですよ。

「これだ」と思い、直ぐに電話で予約をしました。

こんなに素早く動いたのは、
10年以上前に同じくビームスが別注をかけたナイキの「HUARACHE LIGHT」以来です。

予約をしてから約1ヶ月程で入荷連絡が届いたので、
仕事帰りにビームス大宮まで取りに行きましたが、
その時の店員との会話に時の流れを感じさせられました。

何でもこの「DISC BLAZE」を購入している客は、ほとんどが30歳以上らしく、
20代の客は一切、興味を示していないようで、
さらに、ビームスの店員でも20代の店員はこの「DISC BLAZE」に対しては、
正直、微妙な反応しか示さないとの事でした。

まあ、自分から見ても、小学生が履くような靴に見えなくはないですからね・・・。

それはさておき、色は黒を購入。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

肝心のディスクの部分はクリアです。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

ヒールのパーツがいいですね。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

ビームス別注を示すビームスのロゴマーク。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

そしてビームスの文字も。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

中敷はビームスのコーポレートカラーのオレンジ。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

そして箱です。

PUMA Disc Blaze LTWT × Beams

冷静に考えると「ん?」という感じもしますが、
これはこれで、いい思い出になったと思えます。

ちなみにビームスから、この「DISC BLAZE」のディスク部分を
紐に代えたバージョンの靴が発売されるようですが、
そちらには全く興味がありませんので、あしからず。

「アメ横でプーマを買いました」。

↑これだけを聞くと普通の事だと思うかもしれないけれど、
自分にとっては約15年ぶりの出来事だったので、
懐かしさが込み上げてきてしまった。

しかもMTVで放送されていた「YO! MTV RAPS」とのコラボモデル。

こちらも自分が高校生の時に、
どっぷりとMTVに浸かっていた際に放送されていて
(自分はあまりHIP HOPが好きではなかったため、見てなかったけど)、
クラスメイトの諸角君に頼まれて録画していた番組だったので、
とても馴染みがある番組だったんだよね。

ちなみに、諸角君に頼まれて録画した「YO! MTV RAPS」は、
当時、自分の部屋のビデオデッキの調子が悪く、
映像はちゃんと映るけど、音声は全くでないという
正に「蛇の生殺し」状態になっていたようで、
ビデオを渡した翌日に、
かなりがっかりした諸角君の顔を見ることになってしまったのは、いい思い出だ。

そんな「YO! MTV RAPS」モデルのスニーカーが
「PUMA」からリリースされるというニュースを1~2年前に見かけてはいたけれど、
田舎では発売されないモデルなので、スルーしていました。

ところが最近、アメ横で「PUMA」と「YO! MTV RAPS」のコラボモデルの
「PUMA YO! STEPPER 3」が売っているのを発見。

値段が5,000円以下で、しかも自分のサイズがあったので、
購入となりました。

黒がベースのファットシューです。

PUMA YO! STEPPER 3

サイドの柄はセメント?か何かの煩わしい感です。

PUMA YO! STEPPER 3

ヒールには「YO!」が。

PUMA YO! STEPPER 3

インソールには「YO! MTV RAPS」とMTVのロゴ。

PUMA YO! STEPPER 3

タンは「PUMA」と「YO! MTV RAPS」のWネームとなっています。

PUMA YO! STEPPER 3

正直、このモデルがどういう位置付けのものかは知りませんが、
この値段で売られているという事は、多分、不人気モデルなのでしょう。

でも、自分にとっては上記の二つの事をフラッシュバックさせてくれた
とても印象深いスニーカーとなりました。

しかし、最近はスニーカーを買うペースが上がってきたな・・・。

puma reptile プーマ レプタイル

前回の黒×紫に引き続いて、
懲りずに今回は黒×橙のレプタイル。
当然、爬虫類系。

黒×紫と同時にネット通販で購入。
どっちの色にしようか悩んでいたら、
自分の「迷ったら全部」という名言を思い出し、
両方購入した次第。
ありがとう、俺。

黒×紫に比べて、こっちはあまり期待していなかったので、
実物を見たら想像よりいい出来で、
一瞬だけ「これなら履けるんじゃねぇ」との考えが頭をよぎったが、
やっぱり無理。

このシリーズは黒×紫で負け、
黒×橙で勝った。
なので1勝1敗で終了。

この爬虫類シリーズ終わり

やっぱり30代は爬虫類柄でしょ!
ということで購入したこの靴、レプタイル(REPTILEの意味は爬虫類)。

puma reptile プーマ レプタイル

元々は1996年に日本企画として発売された名品の復刻。
ネット通販の写真で見た限りは黒×銀だったので迷わず購入。
が、悲劇は商品が届いてから起きた。

靴の色がどうみても黒×紫。明らかに黒×紫。どんなに頑張って見ても紫×黒。
これじゃあ、エロさが半減だよ!
「ファッキンジャップぐらいわかるよバカヤロー」
と、「BROTHER」のたけしばりにマジ切れ。
という残念な結果になってしまった靴。

まあ、毎度のことだけど、例えこれが黒×銀だとしても履けませんよね、
自分は結構シャイだし。
爬虫類柄を冒険したみた30代のひとこまでした。

続く

ビースト ビースト

プーマの中でもかなり有名なスニーカー。
オリジナルはかなりの値段になってしまうのだが、これが2002年に復刻。
当時は復興版も人気&田舎な地元では
販売がなかったので購入できなかった。

問題なのは復興版の値段。
確か18,000円はしたと思う。

でも、当時はかなりのスニーカー馬鹿だったので、
迷うことなく購入していたと断言できる。
今はそんな金額は出せませんけど。

この靴を3~4年前にヤフオクで8,000円ぐらいで落札。
いい買い物だった。

名前の由来は靴を見てもらえれば分かるはず。
そう、その通りです。

まぁ、履けませんよね。
大阪のオバちゃんには似合いそうだけどね。

1

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Powered by Movable Type 4.1