REEBOKの最近のブログ記事

久しぶりに店頭で見かけたスニーカーを気に入ってしまい、
その場で購入するという典型的な浪費をしてしまった。

NIKEの「AIR MAX95」が牽引した1995年のスニーカーブームの時に、
「AIR MAX95」同様に注目を浴びていたのがREEBOKの「PUMP FURY」と、
PUMAの「DISK SYSTEM」のハイテクスニーカーだった。

「DISK SYSTEM」はそれ程でもなかったとしても、
「AIR MAX95」と「PUMP FURY」の人気は尋常ではなかった。

当時、渋谷や原宿に行くと、
すれ違う人は、かなりの高確率でどちらかを履いていたし、
並行輸入品を扱っているスニーカーショップでは、
とんでもない値段が付けられていた。

そんな中でも、地元が田舎ということもあり、
「AIR MAX95」は何度か店頭で定価で売られているのに遭遇した事はあるけれど、
「PUMP FURY」はお目にかかる機会が全くなかったスニーカーだった。

ただ単に、田舎なのでリーボックの販売チャネルが、
ほとんどなかったのが原因だと思うけどね
(ナイキはどこのスポーツショップでも売っていた)。

まあ、こんな理由もあり、自分の中の位置付けは
「PUMP FURY」>「AIR MAX95」になってしまった訳ですわ。

あと、この印象を決定的にしたのが、
当時、大好きだったビョークが雑誌の表紙で「PUMP FURY」を履いていたんですよ。

↓CUT 1995年5月号表紙

PUMP FURYを履いたビョーク

赤いワンピースと黄色いパンツの色合いが
足元の「PUMP FURY」の赤・黄と全く同じであるビョークの姿は印象的で、
今でもビョークというと、真っ先にこの写真を思い出してしまうんだよね。

で、話は最初に戻って、浪費してしまったのが、
店頭で発見した「PUMP FURY」の進化版?の「PUMP FURY SUPERLITE」。

PUMP FURY SUPERLITE

コンセプトとしては「PUMP FURY」のリヴィジョン(どういう意味?)モデルらしい。

PUMP FURY SUPERLITE

色は当時、買えなかった「East Bay」別注カラーにそっくりの黒を選択。
ビョークが履いていたのに似た黄色も売っていて迷ったけど、こちらを選択しました。

PUMP FURY SUPERLITE

このPUMPを押して空気を注入し、サイズをフィットさせます。

PUMP FURY SUPERLITE

久しぶりにハイテクスニーカーを購入しましたが、
履き心地が大変良く、履いていて心配になる程の軽さで、
まるで足袋みたいな感触の素晴らしいスニーカーです。

ただ、この靴はサイドの部分に通気性のためか、
穴が開いているので、絶対に雨の日には履けません。

そして、さらに問題なのが、
この近未来的なスニーカーに合わせる服が全くないという現実かな。

ALIEN STOMPER

| | コメント(2) | トラックバック(0)

エイリアン2」でリプリーが履いている靴を
市販向けにアレンジしたスニーカーが、この「エイリアンストンパー」。

リーボックからは度々、色を変え発売されているが、
今回はオリジナルに近い色が出たことと、
以前より定価が安くなったので購入に至りました。

alian1.jpg

紐のない靴で、二つのベルクロで足を固定するデザインは
「エイリアン2」が公開された当時は未来的なデザインだったのでしょう。

alian2.jpg

映画でリプリーが履いていたものにはリーボックのロゴではなく、
「ウェイランド・ユタニ・コーポレーション」のロゴが入ってます。

alian3.jpg

スニーカーを買い始めて20年近くなりますが、
意外な事にこれが自分にとって、初リーボックとなりました。

思えば中学生の時に地元のスポーツ用品屋に並んだ
リーボックのスニーカーに憧れていましたが、
なぜか2万円以上して、とてもじゃないけど手が出なく、
泣く泣くナイキのAIR180を買ったもんです(今思えばこれは正解だった)。

この時からリーボックとは縁がなく、
ポンプフューリーの時は人気で買えず、
ビートニックはもっと安くなるだろうと待っていたら市場から消えてしまっていた。

もうリーボックはないだろうと思っていた時に、
自分に久しぶりのスニーカーブームが来て、
さらにエイリアンストンパーの復刻が重なり、
今回の購入に至ったけど、分からないもんですな。

エイリアンストンパーの他に映画に登場するスニーカーで忘れてはいけないのが、
バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2」に登場するナイキのスニーカー。

マーティが足を入れると、勝手にフィットし、紐まで自動に締まる。
まさに未来のスニーカーです
(このスニーカーを履いた後、宙に浮くスケボーに乗ります)。

で、このスニーカーに関して、最近のニュースでナイキが、
このスニーカーを実現させるための技術の特許を申請したと報じていた。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2 」の舞台となった年代が2015年。
あと5年以内に本当にナイキから発売されるかもしれない。

もし発売したら、どんな値段でも絶対に購入したいと思います。

1

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.1